TOP » 住まい » 年収450万だといくら!?住宅ローン返済額の目安

年収450万だといくら!?住宅ローン返済額の目安

988View
t-shima

皆様はうまく住宅ローンや教育ローンの返済と付き合っていけていますか?もしかしたら、ここにご主人、または奥様の奨学金の返済があったりと、家計は苦しい返済でいっぱいになりますよね。
しかし、「車は売るわけにはいかない」、「家族が病気になった時の蓄えはないと駄目だ」など検討しないといけないことは山済みです。
ここで大事な考え方は、まず借り始めに本当に返せる余力があるのかを見極めることです。住宅ローンが通ってからでは遅いです。
今回は、「住宅ローン返済額の目安」と題し、将来や現在の年収を見定めて住宅ローンを借りる額の決め方を仮に年収450万円で計算して説明していきます。

1

同金利タイプで比較してみましょう

住宅ローンは、年収の5倍までの価格は借りても大丈夫という話は聞いたことはありませんか?しかし、これは一般論で家族構成を考えライフプランの中でも支出の多い時期を基準にしましょう。あくまで大雑把な目安と思って、しっかり計算することです。仮に年収が450万円だとしたら、2250万円が購入の限界になる計算となります。こうなりますが、住宅ローンの金利や頭金が考慮されていないので、しっかりと資金計画を立てる必要があります。

2

いくらまでなら得策か、毎年の返済額で考えましょう

住宅ローンに関して全ての借りる人は考えないといけないことがあります。「住宅ローンは一体いくらまで借りられるのか」と逆に「いくらまでなら借りてもいいか?」という点です。
後ほどフラット35のサイトで年収から借入可能額を計算できますのでリンクを貼り付けます。ニュースによれば35才の平均世帯年収は450万円には、いかないようですので、仮に450万円とすると、無理のない借り入れ可能金額というのはいくらなのでしょうか?
平均的な世帯年収の方々は、住宅ローンの返済額を年収の25%程度に抑えておく方が賢明ではないかと考えてしまいます。年収が450万円の場合は、113万円で約25%いうことになりますね。

3

ローンシミュレーションで問題がみえてくる

皆さまが気になるのが、やはり他の返済に影響がないかですよね。これにより、借入可能額が大胆に変わります。
まだ購入時期じゃないや、車は諦めようなど検討を重ねてみてください。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事