TOP » 暮らしの知恵 » きれいなキッチンを保ちたい! 優先すべき3つのポイ…

きれいなキッチンを保ちたい! 優先すべき3つのポイント

6,164View
t-shima

ピカピカと光るキッチンは、家事をする者にとって憧れですよね。
理想は、いつでも清々しく使えるキッチン。一時的にきれいになるだけじゃ、なかなか満足いかないもの。
「清潔でピカピカな状態が持続するためには、いったいどうしたらいいの?」そんな疑問にお答えいたします。

1

シンプルイズベスト!なるべくモノを置かない

まずは優先順位を明らかにします。キッチンをキレイな状態にしたい、というのと、料理中にすぐにモノを手にしたい、あなたはどちらを優先させたいでしょうか。

キレイさを選んだ方は、どんどん読み進めてください。
なぜなら、ピカピカなキッチンを維持するためには、なるべくコンロやシンクのまわりにモノを置かない方がいいからです。

料理をすれば、どうしても油や水しぶきがまわりに飛び散ってしまいます。
それなのに、付近にモノが置いてあったら……。当たり前ですが、汚れてしまいますよね。
いちいち飛びはねた油や水滴を拭いてまわるのは面倒。
だから、コンロやシンクまわりにはモノを置かない方がいいのです。

モノが置いてなければ、コンロやシンクまわりをささっと拭くだけで、メンテナンスは完了。こうすれば、楽をして清潔さをキープしやすいのです。

2

汚れを貯めない!こまめに拭く癖をつけよう。

キレイなキッチンを保ち続けたいならば、こまめに拭くのがベスト。
具材を煮込んでいる間、お湯を沸かしている間などの、ちょっとした待ち時間に、ささっと拭くだけでだいぶ違います。

掃除するぞ、なんて、あまり気合いを入れる必要はありません。
少し拭いておこうかな、くらいの心構えで充分です。

オススメなのは、着古して捨てちゃうようなタオル、洋服などをハサミでチョキチョキと切って、ミニ雑巾をつくること。
もともと捨てちゃうようなものなので、ささっと拭いた後はポイッと捨ててしまえばいいのです。

油でギトギトな部分を拭くときは、このミニ雑巾で拭くといいでしょう。
汚れは、時間がたつうちに、どんどん落ちにくくなります。
ささっと拭いて簡単にとれるうちに対処しておくのが、キッチンのキレイを保つコツなのです。

3

これは何汚れ?汚れを見極めよう!

基本的には、油汚れか水アカ、ホコリの見分けがつけば、キッチンのメンテナンスにおいては問題ないでしょう。
ちょっとした油汚れは、お湯につけるなどして汚れをゆるめるれば、比較的落ちやすくなります。なかなかキレイにならない場合は、洗剤の助けをかりましょう。

水アカは、メラミンスポンジなどを使えば、あっという間にピカピカに。
シンクなど、日頃から水滴をふき取る習慣をつけておくと、水アカが発生しにくくなります。

ホコリに対しては、まず乾拭きをしてゴミを取り除いてから水拭きをします。ホコリが残っていると、汚れがこびりついてしまいますので、注意が必要です。

簡単な3ステップで、あなたのキッチン周りも清潔に保たれるかもしれませんよ。
是非一度試してみてくださいね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事