TOP » 住まい » 賃貸?持ち家?本当に「お得」なのはどっち?

賃貸?持ち家?本当に「お得」なのはどっち?

2,590View
t-shima

賃貸が得か、持ち家が得か。
それは永遠の議題であり、両者さまざまな意見があります。

メリット、デメリット両方がありますので、双方の意見からどちらが得かを見ていきましょう。

1

持ち家派の意見…「マイホームは夢、ステータス」

「マイホームは夢」…以前はそういわれていました。
しかし時は平成。世の中の状況も大きく変わり、マイホームを持つことがステータスであるとは言えなくなってきました。

しかしそれでもマイホームを購入される人は後を絶ちません。
なぜ人はマイホームを購入するのか。それには明確な理由があるのです。

一番の大きな理由は「老後のことを考えて」
今の年金支給額だと、光熱費に家賃まで払えないという方が多くいらっしゃいます。持ち家でしたら家賃は不要です。
65歳を過ぎてからだと住宅ローンは勿論、賃貸の審査も厳しくなるでしょう。

もし年金が貰えなくなったら…あなたはどうしますか?

又、家を持つ、というステータスがあるのも事実。社会的に信用されやすく、計画性がある、堅実だと思われるのも事実でしょう。

2

賃貸派の意見…「メンテナンスやトラブル、リスクを考えて」

ただ、賃貸は賃貸の魅力、メリットがあります。

毎月のローンの支払いを済ませ、やっと家が自分の物になったとしても。すぐに修繕費用やリフォーム費用が必要になってしまっては元も子もありません。
修繕費でまた100万、200万とかかるのでしたら、賃貸の方が安くあがるかもしれません。
建物の老化は避けては通れません。憧れのマイホームを手にしたとしても。その後は老化との戦いなのです。

賃貸でしたら築年数の浅い物件を渡り歩くことも可能です。常に新しい物件に住む。そんな生活も、賃貸ならではの贅沢かもしれませんよ。

又、近隣住民とのトラブルや転職、転勤のリスクも無いとは言い切れません。
何かあったときにすぐに引っ越せるのも賃貸のメリットと言えるでしょう。

3

長い目で見たらお得?損?

その他にも固定資産税など、持ち家の場合は何かと出費がかさむ可能性があります。
しかし、持ち家には持ち家の良さも。
賃貸とは建物のグレードが異なりますし、月毎の生活維持費が小さくなる為、安心感を得ることが出来るでしょう。

最新の住居に住みたい、と言う方は、持ち家を買うより最新高級マンションを渡り歩いた方が満足度の高い生活を送ることが出来るでしょう。
賃貸でしたら地価の変動も受けませんので、不動産投資の読みが難しい現代ではそれも選択肢の一つかもしれません。

持ち家。賃貸。その両方にメリット、デメリットがあります。
その両方をしっかりと理解し、あなたにはどちらが合っているか。しっかりと見極めてくださいね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事