TOP » 住まい » マイホーム購入ならリノベーションがおススメ!注目…

マイホーム購入ならリノベーションがおススメ!注目すべき魅力3つ

2,268View
iezanmai編集部

近頃よく耳にするリノベーション。なんだかおしゃれなフレーズですよね。中古住宅を大々的にリフォームして住みやすくすることを、リノベーションと言います。

最近では中古住宅を購入して、自分仕様にリノベーションして居住する形がマイホーム購入希望者にも注目されています。
今回は、そんなリノベーションの魅力について考えてみましょう。

1

何よりも「経済的」

リノベーションの一番の魅力といえばなんと言っても「経済的」なこと。

一般的に新築住宅を建築する場合は、土地費用や建築費用など、高額な費用が発生しますよね。これは、住む地域にもよるところが多いのですが、土地+建物で3,000~4,000万円くらいの高値であることは避けられないでしょう。

また、そのような金額を一括で払えることは少なく、それに見合った長期的なローンを契約することとなります。そのため、新築住宅を購入しようと考えた時に、将来的な事を考えるとなかなか簡単に購入に踏み切れないというデメリットがあります。

しかし、それに比べてリノベーションなら安値の中古住宅を購入して全体的にリフォームをしても、相当安くすむという魅力があります。

2

自分仕様の「個性的」な住宅が手に入る

新築住宅では分譲地の区画に家を設計することが多く、どうしても土地の広さが限られてしまい間取も広さに応じて限られたスペースでの配置となります。しかし、中古住宅を購入する場合は、土地も広く格安な物件も結構あるものです。

場合によっては、築年数が経っている中古住宅などでは、建物の価格が安価となり土地の値段プラスアルファくらいの価格で購入できるなどお買い得な物件もあります。

そうした物件の購入後は、広い建物の中を、自分の思い通りにリノベーションすることができます。リノベーションの何よりの魅力は、部屋の広さを自由に設計できること。間仕切りも自分好みに設計できますので、壁の少ない広い空間にすることも可能です。建物内を総合的にリフォームしても600~800万円くらいの価格でできます。和と洋を織り交ぜて、個性的なオシャレな空間を演出することもできます。

3

物件選びの「幅が広がる」

さまざまなエリアにある中古住宅の中から、好きなエリアを選択をすることが可能です。新築住宅を建てるための土地探しをすると、分譲地等に限られますので、選択の幅が狭いというデメリットがあります。それに比べて中古住宅を購入する時は、自分の住みたいエリアの中から比較的自由に、選ぶことができるす。

また、新興住宅地とは違う、落ち着いた場所での購入も可能なのも魅力の一つですね。昔ながらの土地に住みたい、静かな場所で暮らしたい、山や川が見える場所がいいなどの条件で自分なりに条件を考えても、選択することもできます。

ぴったりの住宅が見つかった暁には、自分仕様の住宅にリノベーションをすることで、快適に暮らすこともできます。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事