TOP » 住まい » 今がお得!?夏の引越しの「メリット」とは?

今がお得!?夏の引越しの「メリット」とは?

「ネットで検索すると引越しは夏場がお得って書いてあるけど本当なの?」

夏に引っ越すメリットは?何で夏だからお得なの?
意外と知らない夏の引越しの「メリット」をこっそりお教えします。

1

大家さん的に空室は「マイナス」

空室=無収入。
人が住んでいないということは、大家さん的には赤字になります。

転勤、進学、就職など引越しの多い春は家賃を高く、逆に人の動きの止まる夏は家賃を下げる。
これは賃貸を商売としているなら当たり前の事なのです。

移動や転勤の多い春に入居が決まらなかったということは、最悪の場合翌年の春まで入居者が決まらないという可能性もあります。
空室だからプラスマイナスゼロ、というわけではありません。実は大家さんは、次の借り手が付くまで空き室のメンテナンスを行わなければならないのです。

日本の賃貸の10部屋に1部屋は空き部屋といわれています。
そんな中、大家さんは八割を目標として稼動しているのです。もちろん、人口との割合が取れない地域の大家さんにとっては、8割を保つのも難しいでしょう。

だからこそ、大家さん的には空室にしておくくらいなら多少安くても借り手が付くほうがありがたい、特にこの時期は少し安くしてでも入居者を入れた方が大家さん的にも良いのです。
特に内見者の少ない夏期にたずねてきてくれるお客様は、大家さん的には絶対に逃したくない「上客」なのです。

2

夏場は引越し代も安く抑えられる!

オフシーズン、特に夏場は引越し業界も比較的安価になる傾向にあります。

そもそも引越しの料金はシーズンごとに異なります。忙しい3月と比べると7~8月はタイミングによっては半額程度になる可能性もあります。

また、業者のスケジュールも比較的調整が利く為、自分の引越しの希望日に合わせてもらえたり、多めにスタッフを派遣してもらえたりと「メリット」が多いのも特徴です。

繁忙期と比べると、引越し作業が丁寧、という噂はあながち間違いではないのかもしれません。

3

その他にも夏の引越しには「メリット」がたくさん

・天候が安定している

梅雨の時期や冬場と異なり、夏場は天候が安定しています。
雨の日の引越し程憂鬱な物はありません。晴れの多い夏場こそ引越しのチャンスなのかもしれません。

・新たな生活のスタートのチャンス

夏場に引越しを済ませてしまえば新たな環境で新学期をスタートすることが出来ます。
学期途中と比べると転校のストレスも軽減されるのではないでしょうか。

・荷物を減らせる

冬物の衣類、布団、暖房器具などすぐには必要ない冬物の荷物を処分すれば、ぐっと荷物を減らすことが出来ます。
意外とかさばる冬物衣料を整理するには絶好のチャンスかもしれません。

4

勿論、夏場に荷造りや引越し作業を行うのは暑くて大変かもしれません。
時期によっては渋滞が発生する可能性もあります。
しかし、それらの問題さえクリアすれば、夏ならではの「メリット」を活用することが出来ることでしょう。

お得に引越しをするなら夏場がチャンス。
この夏引越しを検討している方は是非参考にしてみてください。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事