TOP » 住まい » リビングをもっと広く! 突然大きなスペースが生まれ…

リビングをもっと広く! 突然大きなスペースが生まれる3つの技とは

2,076View
t-shima

家族が集まる場所として大切な役割をもつスペース、リビング。みんなが利用するからこそ、スッキリきれいに保ちたいところですよね。

ただ、リビングはモノが集まってきやすく、大きな家具類を置くことも多いため、ごちゃごちゃしがちな場所。
子どもたちのおもちゃ、新聞紙や雑誌、衣類やカバンなどが雑多に置かれることが多いのも事実です。

そんなリビングを劇的に広くする方法は、思い込みをなくすことからはじまるようです。
そんな簡単アイデア術をご紹介します。

1

逆転の発想!収納を減らす?

あなたの家のリビングには、いくつの、どういった種類の収納があるでしょうか。

壁に造りつけられたもの、クローゼットタイプの収納ならば簡単には減らせませんが、カラーボックスや本棚、チェスト、パソコン用のラックなどは減らすことが可能です。

「減らすなんて無理!そのなかのモノはどうするの?」という疑問が出てくるでしょうが、大抵の収納の中身はいらないモノやもう使わないモノが眠っています。
それを捨てるなり、各自の部屋に持ち帰るなりすれば、簡単に収納家具を減らすことができるでしょう。
一か所だけでも、スペースが空くと、さっぱりとした気分を味わえるはずです。

2

奥行きの浅い収納ですっきり整頓

モノの取り出しやすさを考えると、奥行きの浅い収納がオススメ。
パッと見ただけで、どこに何があるのかを把握することができますし、手を伸ばさなくても簡単に目的の品を手に取ることができます。

奥行きが深い収納と浅い収納を比べてみると、家具としての存在感の違いに気付きます。
より大きく、出っ張ったように感じるのが、奥行きの深い収納。
スリムで、部屋になじんでいるようにみえるのが、奥行きの浅い収納。
リビングのスペースを広くとりたいならば、収納家具の奥行きにも注意してみましょう。

3

思い切ってソファをなくしてみる

いつもリビングにいるときには、どこに座っていますか?

床にペタンと腰を下ろし、ソファを背もたれにしていることがありませんか?もしくは、洗濯物やカバンの置き場としてソファを利用してはいませんか?
椅子としての機能を果たしていないソファが、でーんとリビングに陣取っているのならば、思い切って、そのソファを移動もしくは撤去することを考えてみてください。

ソファがなくなれば、一気に広いスペースができます。その上、ソファの上にゴチャゴチャと物が置かれることも無くなりますので、見た目もかなりスッキリしますよ。

4

正方形を意識してみよう!

リビングを広く感じさせる技のひとつとして、正方形の空間を設ける、というテクニックがあります。

正方形の空間に何も置かれていない(テーブルなどは別)と、人は錯覚としてその空間を広く感じるのです。
あなたのリビングは、正方形の空間を設けることが出来ているでしょうか。

正方形のラグなどを敷き、その上には家具を配置しない、などすることで簡単に設けることが出来るでしょう。簡単な模様替えで実践出来るので、一度試してみる価値はあるかもしれませんよ。

あなたのリビングも、少しの発想の転換で広々と使えるようになるかもしれませんよ。
ちょっとリビングが手狭だな…という方は是非一度試してみてくださいね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事