TOP » 投資 » マイナンバー制度開始。不動産投資の副業はどうなる?

マイナンバー制度開始。不動産投資の副業はどうなる?

717View
R_en

2015年10月より施行されたマイナンバー制度。まだ手元にナンバーが届いていない、という声も多数聞こえる中、いろいろな情報が出回っていますが、不動産投資で副業をしている場合にはどんな影響があるのでしょうか。

1

マイナンバー制度とは

マイナンバーは、「住民票を持っている全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるもの(※引用元:http://www.ooya-mikata.com/houjinka/mynumber2.html)」です。

2016年1月から、社会保障、税金、災害対策などの行政手続きにマイナンバーが必要となります。

2

マイナンバー制度で副業がバレると言われているけど・・・

とくに注目されているのが、”マイナンバーで副業がバレるかどうか”ということです。

これまでの副業対策は、一般的に、副業がばれたくないという人は確定申告書で住民税を自分で納付するという選択をして回避していました。サラリーマンであれば、会社の給与から住民税も天引きされていて、このことを特別徴収といいます。副業で収入があった場合、会社の給料の住民税にプラス副業収入よる住民税をあわせて引く必要があります。その際、特別徴収のままにしておくと会社の給料からまとめて引かれてしまうため、会社に副業がバレるということになります。そのため、住民税を自分で納付するようにしているのです。

3

不動産投資の副業はどうなる?

今までも、特別徴収から普通徴収へ変更しているのにチェックミスで会社に特別徴収として住民税額を通知してしまう、なてことはよく発生しているようです。ここから副業がバレる、ということはあったようですね。

そして、今後はこの会社からの引き落としである特別徴収を推進している、というのが現状のようです。住民税の扱いは各市町村が決めているため、その場所によって対応がまちまちとのこと。ここに関してはプロの税理士に管轄の市町村がどういった対応をしているのか確認することが重要といえます。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事