TOP » 住まい » ストレスフリー!競合揃いの国内システムキッチンメ…

ストレスフリー!競合揃いの国内システムキッチンメーカ−

497View
t-shima

リフォームをするならどの場所から行うか決めていますか?実際に壊れてしまったり、あまりにも使い勝手が悪い設備がトイレやお風呂場だったりした場合は生活に支障がでるため仕方がありませんが、キッチン一つをシステムキッチンにするだけで、格段に生活水準を上げることができたり、ストレスのない暮らしができるようになりますよ。高い買い物ですから国内メーカーを選んで、生活スタイルも日本人に合わせた仕様で満足・安心を勝ち取りたいですよね。
今回は、「競合揃いの国内システムキッチンメーカ−」と題し、国内メーカーの強みを交えつつ、特徴をご案内致します。

1

株式会社LIXIL

皆さんもご存知のINAX、サンウェーブ、TOSTEMの三社合併で始まったLIXILですが、システムキッチンはサンウェーブブランドの流れを汲んでいます。
いずれの機種も、収納力と調理道具の出し入れのやり易さに定評があります。アミィでは「パタパタくん」「ミニパタくん」、リシェルでは「らくパッと収納」という名称で呼ばれている、LIXIL独自の引出し構造が特長的です。サンウェーブが永年つちかってきたキッチンデザインに対する取り組みが、これからどのように発展するのか期待できます。

2

トクラス株式会社

ヤマハリビングテック株式会社は、トクラス株式会社に社名変更されましたが、ヤマハの特徴である面材の綺麗さは健在のようです。高級家具ヤマハの高品質さや、ピアノといえばヤマハのあの艶がある面材が活きたシステムキッチンになっています。DOLCEXとBerryは木目デザインの扉以外に、日本の伝統色114色のシャインカラーからドアカラーを選択することができます。シンクやハイバックカウンターが一体成型され、隙間からの汚れがつきにくい構造となっていることも嬉しい特徴です。

3

パナソニック株式会社

キッチン機器から、システムキッチンまで手がける国産唯一のメーカーで、「家電メーカーとしての強み」を存分に発揮しているのが特徴です。インテリアデザインとしてのキッチンでは他社に劣りますが、横に3口が並んだトリプルワイドIHヒーターは、パナソニック社製のシステムキッチンにしか搭載できません。節電や節水が気になる方に嬉しい「エコナビ機能」まで搭載されています。食器洗い乾燥機がエコナビ搭載の節水、節約できる機種で用意されています。

4

クリナップ株式会社

ステンレスキッチンメーカーの特性を生かした商品開発力で優れている老舗メーカーです。LIXILを含め一般的にキッチン内部のキャビネットは木製で、その上にラミネート加工がされているのですが、 クリナップの「クリンレディ」や「SS」シリーズでは ステンレスキャビネットを採用しています。長く、きれい・清潔を保てるステンレスキャビネットで嬉しいですよね。傷に強い特殊な加工をしたステンレスを採用しておりますので、お手入れも簡単で尚且つ、きれいな状態がいつまでも保てます。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事