TOP » 賃貸 » 知っておいて損は無い!優良賃貸物件を見つけるコツ

知っておいて損は無い!優良賃貸物件を見つけるコツ

1,551View
t-shima

インターネットが普及した今日、賃貸物件を探そうとしたら莫大な量の物件を観覧することが出来ます。
しかし、なかなか思ったような物件が無い、問い合わせをしたら既に決まっていたなどの経験をされた方も少なくはないのではありませんか?

あなたが理想の物件にたどり着けるように。ここでは賃貸物件を探す際のコツをお教えします。

1

良い物件はネット上には出ない?

いくらネットで調べても、思ったような物件が見当たらない…それには理由があるのです。

まず、いい物件は誰もが「いい物件」と思うものです。
そんな物件は広告に出稿すればすぐに借り手が決まります。出稿する前にたまたま不動産屋に訪れたお客さんに取られてしまう事も少なくはありません。

また、ネットに物件を掲載するのには費用が掛かります。
優良物件は掲載せずとも入居者が決まるので、わざわざ費用を掛けて掲載しなくても良いのです。

不動産ポータルサイトには掲載までに時間が掛かります。折角見つけた物件も既に入居者が決まってしまった、という事例は、その掲載までの時間差による場合もあります。

2

住みたい地域に絞込んで探してみよう

では、どうすれば優良物件にめぐり合うのか。
それにはいくつかのコツがあるのです。

あなたは物件を探す際に、複数の地域を選択して検索していませんか?
職場や学校から○分以内、などざっくりとしたエリア決めでは無く、具体的な場所を決めてしまいましょう。

3

不動産屋のあたりを付けて、自社物件を狙おう

住みたい町、地域が決まったらその地に根付く不動産屋を探しましょう。
不動産屋には、自社の管理物件を持っている不動産屋と、管理物件を持たず仲介のみを行う不動産屋の二種類があります。

自社の物件がある不動産屋は、まずは自社でお客を探します。そしてなかなか見つからない物件が「流通物件」と呼ばれるどの不動産やでも扱える物件となるのです。
ネット上で閲覧出来る物権のほとんどはこの流通物件であり、優良物件は流通物件となる前に契約されてしまう事がほとんどなのです。

仲介だけでない、自社の物件を持つ不動産屋へ出向くと、これまで見たことの無い物件とめぐり合う可能性が一気に高くなるでしょう。

4

根気強く理想の物件が出てくるのを待とう

ここまで来れば、後は根気強く理想の物件が出てくるのを待つのが一番でしょう。
特に1月~3月に掛けては、人の移動が増える時期。物件の入れ替わりも激しいので数日起きにチェックするだけでも多くの物件を目にすることが出来るでしょう。

条件を変えるのでは無く、気長に待つことできっと理想の物件にめぐり合うことが出来るはずです。

賃貸物件の選び方は人それぞれですが、本当に満足度の高い物件にめぐり合えるかは正に運次第。
もし賃貸を探しているのでしたら、一度試してみる価値は十分にあるでしょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事