TOP » 賃貸 » 【賃貸物件】業者選びの決め手となるポイント4つ!

【賃貸物件】業者選びの決め手となるポイント4つ!

1,750View
iezanmai編集部

賃貸物件を借りる場合には「ここだ!」と思えるところに、なかなか出会えないもの。

それに、初めての土地だと、どうやって部屋探しをすべきか迷ってしまうことが多々あります。

今回は、賃貸物件を借りる際の不動産業者選びのポイントについて、まとめてみました。

1

不動産業者に頼む時は事前連絡するのがおススメ

やはりその道のプロに頼むのが効率的に賃貸物件を探すことに繋がると言えます。

ただし、いきなりの入店は避けましょう。

入店してから、お客の希望を聞いて、それから物件の検索をするため、「希望の物件を探すのに時間がかかってしまう」という点があるからです。

その他にも、飛び込みで入店してしまうと、担当者が不在である場合、他のお客の対応に追われている場合など待たされることも多々あります。

場合によっては別日に再び行いかなければならないというケースもあるので注意が必要です。

事前に電話やメールで希望等を伝えて、予約してから行くようにするとスムーズに資料を見る事ができます。


2

便利なインターネット検索

現代は、パソコンやスマホが普及しており、ほとんどの方が何らかの形でインターネットを使用しています。

インターネット検索で賃貸物件を検索するメリットは、なんといっても「いつでもどこでも検索可能!」というところではないでしょうか。

また引越し先が遠方だった場合も、わざわざそちらに出向くことなく、数々の物件の検索ができることもメリットのひとつです。

それに、検索の機能を使うところで希望の間取や賃料等の比較ができ、画面を見ながらゆっくりと検討することができるでしょう。

3

住いさがしの情報誌を利用する

インターネットでの検索と同様、いつでもどこでも・・・という点では情報誌も多くの方に利用されている賃貸物件探しの方法でしょう。

それに、インターネットより優れている点は、すでに印刷されている情報を切り取ったりして、一目で比較検討ができるという点です。

ただし、デメリットをあげるとすると発売日から次の発売日まで期間があると、いい物件を見つけても連絡した時にはすでに入居者が決まってしまっているかもしれないという点です。

リアルタイムの情報が反映されにくいという点が少々難点となります。

4

不動産業者の雰囲気を見てみる

インターネットにしても、住いさがしの情報誌にしても、賃貸物件を契約する場合は仲介で不動産業者が入ることになるでしょう。

賃貸物件の場合は、契約してから入居中に至るまで、その不動産業者と関わり合いを持つことになります。

契約するまでももちろんですが、入居後のアフターフォローがしっかりしている不動産業者選びも大切です。

長く付き合うことになる不動産業者。雰囲気のいい店舗で契約したいと思うのが多くの人の本音ですよね。

まず、気になった物件があったら、店舗に電話をかけてみることをおススメします。

教育のしっかりしている不動産業者であれば、電話対応がしっかりしていると感じることができるでしょう。

初めて電話をした客に対しても、丁寧に対応できる「雰囲気がいいな」と感じることができる店舗にお世話になりたいものですね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事