TOP » 投資 » 不動産売却で不動産会社は専任媒介契約を好む・・・…

不動産売却で不動産会社は専任媒介契約を好む・・・その訳とは?

274View
t-shima

不動産売却を考えた時には、不動産会社へ依頼するのが一般的でしょう。その時に結ぶ媒介契約。一般媒介、専任媒介、専属専任媒介契約と3種類ありますが、不動産会社では専任媒介契約を結びたがるものです。

その訳とは・・・。

1

そもそも媒介契約書とは?

不動産会社に売却を依頼する時は、媒介契約書を結ぶ必要があります。

これは不動産会社が「どういった販売活動をするのか」「契約期間はどのくらいか」「買い手が見つかったら手数料はいくらか」といった売却に関する詳細を取り決める契約書のことです。

媒介契約書には3種類ありますが、違いがあるので覚えておくといいでしょう。

・一般媒介契約書

同時に複数の不動産会社との契約が可能です。ただし、販売活動に際して不動産会社から売主への報告義務はありません。

・専任媒介契約

1社のみの契約となりますが、2週間に1回以上は売主に販売活動の報告が義務づけられています。契約後7日以内にレインズに登録する必要があります。

・専属専任媒介契約

専任媒介契約と同じで他社と同時契約はできません。また、1週間に1回は売主に報告義務があるなど、より詳しい販売活動を知ることができます。また契約後5日以内にはレインズの登録をしなければなりません。

2

不動産会社にとってのメリットが大きい専任媒介契約

不動産会社と同時に複数契約ができる一般媒介契約ですが、不動産会社にとってはデメリットが大きいです。なぜなら、自社で契約できない場合は仲介手数料が入ってこないからです。

せっかく販売活動を頑張っても、手数料が入ってくることがない可能性も大きいので一般媒介契約はあまり好みません。

しかし、専任媒介契約の場合は買い手を見つけることができれば、仲介手数料が確実に入るため安心して広告活動に資金を費やすことができるのです。

3

レインズとは何か?

しかし、売主にとっては複数の不動産会社と契約した方がそれだけ売却物件の広告が多くの人に見てもらえる可能性が高まると考えるでしょう。

そこで注目したいのが「レインズ」。レインズとは不動産業界で情報を共有し合えるデータベースシステムのことです。実は多くの不動産会社はこのシステムを介して、物件を共有し合っています。そのため他社の不動産会社が「お宅の会社の物件を紹介したい客がいる」と連絡をしてくることもあります。

専任媒介契約でもより多くの人に物件を知ってもらうことができるので、売主側のメリットがこのレインズのシステムにあると言えるかもしれません。

4

結局どの契約がいいの?

一般媒介契約、専任媒介契約などそれぞれの媒介契約の特徴をよく理解し、自分の希望を考えつつ契約をするといいかもしれません。あくまでも契約の形態を選ぶことができるのは「売主側」です。どの形態にしても、信頼できる不動産会社かどうかというのを見極めて、後悔のないように契約したいものですね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事