TOP » 投資 » これは必読!不動産投資の初心者が知っておくべき5つ…

これは必読!不動産投資の初心者が知っておくべき5つの基礎知識

1,350View
R_en

2020年の東京オリンピックに向けて、東京都心の物件にもニーズが高まりつつある昨今、サラリーマンの副収入としても人気の不動産投資。興味はあるけどよくわからない、始めてみたいけどどうしたらいいの?そんな不動産投資初心者が知っておくべき基礎知識についてご紹介いたします。

1

不動産投資とは

不動産投資とは、利益を得ることを目的に不動産に資金を投下すること。購入した不動産を人に貸して家賃収入を得たり、売却することによって利益を得ることを言います。

不動産投資のイメージはどういうものでしょうか?お金がかかる、難しそう……さまざまな印象がありますよね。中でも一番は失敗するリスクがあるのが懸念点ではないでしょうか。

とはいえ、公的年金には期待できない老後の生活。退職までの貯蓄と退職金(出ない会社もたくさんですよね)でまかなえるのでしょうか?

そこで自己資金が少ない方でも始められ、安定収入が期待できる不動産投資に注目が集まっています。

2

不動産投資の始め方

不動産購入については、ご自身で不動産を買うときと変わらないでしょう。予算を決め、物件を選び、現地を確認して購入。

不動産投資のローンを組む場合、一般的に自己資金の目安としては物件価格の2〜3割程度と言われています。最近では銀行が全てを融資してくれるフルローンもあり、自己資金なしで不動産投資を始めることも可能となっています。

不動産投資の初心者は、中古ワンルームマンション投資からがオススメと言われています。小さい取引から始めて、不動産の取引、物件の見方といった知識を溜めましょう。

3

不動産投資のメリット

なぜいま不動産投資に注目が集まっているのか?その理由として、以下のような不動産投資のメリットが挙げられるでしょう。

まず一番のメリットとしては、継続的な現金収入が期待できるという点でしょう。自宅とは別に投資用のマンションを保有し他人に貸すことで、公的年金では不足する老後の生活資金の上乗せとして、私的年金を期待して購入している人も多いようです。また、物価があがり現金の価値が下がっているいま、インフレリスクへの対応として不動産収入を考えている人もいます。

節税であったり、不動産投資ならレバレッジをかけ大きく儲けられるチャンスがあることも、不動産投資のメリットと言えるでしょう。

4

不動産投資のリスク

不動産投資で安定した収入を得るためには、不動産投資のリスクをしっかり知っておくことが重要です。中でも以下の4点について、気をつけるべき必要があります。

・大きく儲けようとしない
・失っても平気な資金で投資する
・空室のリスクを考慮する
・管理会社にまかせっきりにしない

この点については、楽観的に考えずに不動産投資の判断をする際に、上記を見込んでシミュレーションをしておく必要があると言えます。特に、業者まかせにしっぱなしの人が不動産投資の失敗例として上がっていることが多いので、自分で学び知識を増やしていくことが重要です。

5

安定収入を得るためには

不動産投資を行い安定収入を得ることは、毎月の生活の支えとなります。まずは”好立地・好条件”の物件を手にいれることが重要です。特に東京で言えば23区内、駅から徒歩10分以内の物件であったり、メンテナンス・管理がしっかりしている物件を選びましょう。

また、実際に投資用の不動産を管理・運営するにあたって管理会社は重要なものになります。その点も重要なポイントとして抑えておくべき必要があります。

6

まとめ

不動産投資は儲かるのか?それは自分の努力次第です。不動産投資にはリスクはありますが、リスクを予測し回避・対応したり、物件の価値を上げ収入を増やすことも自分の努力次第で可能と言えます。まずは情報収集をしっかりとし、積極的に不動産投資の知識を学んでいきましょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事