TOP » 投資 » 不動産投資信託(REIT)で不動産投資スタート!

不動産投資信託(REIT)で不動産投資スタート!

305View
t-shima

「不動産投資をしたいけど資金が足りない。。」と悩んでいる人のために!今回は不動産投資を実現させる、不動産投資信託についてご紹介します。

1

不動産投資信託(REIT)とは!?

気に入った物件を購入してその家賃収入を得るのが不動産現物投資と呼びます。
それに対し不動産投資信託とは、不動産を保有している投資法人に投資をすることにより間接的に不動産投資ができるという投資方法です。
初期費用に多額の資金が必要となる現物投資とは逆に、一口数十万円と小額から投資を始めることができるためサラリーマンの副収入としても人気を集めています。

2

高利回りが期待できる!?

不動産投資信託では投資法人がいくつもの不動産を保有しているため、多少の空室が出たところで分配金がゼロになることはありません。
しかし現物投資で投資物件が空室状態ならその間の家賃収入がなく、ローン返済の負担のみが残ります。
入居者の募集も投資法人が全て行ってくれるので不動産に関する知識がなくても投資できるのが魅力です。

3

大型物件に投資ができる!

不動産投資信託では投資家から集めた資金をひとまとめにして不動産を保有しています。
そのため個人では保有することが難しい都心のオフィスビルなんかを保有しているため、大型物件に間接的に投資をすることができるのです。
オフィスビルのような大型物件はリターンも大きいため、その分高利回りが期待できます。

4

収益のほとんどが分配される!?

現存する投資法人のほとんどは、家賃収入の90%以上を投資家に分配金として還元しています。
そのため投資家は定期的に安定した分配金を得ることができるのです。

5

デメリットもある!

不動産投資信託は株式投資同様に証券での取引となるため、万が一投資法人が倒産すれば手元には何も残りません。
さらに不動産現物投資同様に金利変動のリスクや災害リスクによって分配金が減るなんてことも考えられます。
しかし投資法人の経営が悪化していることが分かれば対策を打つこともでき、投資した金額以上の損失を負うことはありません。
その点を考えれば株式投資やFXなんかよりも低リスクで投資をすることができるでしょう。

アベノミクスの影響により日本経済も回復し、それにより不動産お資産価値が上昇しています。
そんな不動産投資を始めたいけど資金がないという人は、不動産投資信託から投資を始めてみてはいかがでしょうか?
最後に不動産投資は株式投資やFXと違い、あくまで長期的な目線での投資方法となるので短期的に儲ける目的では行わないようにしましょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事