TOP » 投資 » サラリーマン大家さんが成功するための3法則

サラリーマン大家さんが成功するための3法則

376View
R_en

不動産投資が注目され、投資家だけでなくサラリーマンや主婦、フリーターといった普通の人たちも不動産投資を行うようになってきました。そこで、今回はすでに物件を持っているサラリーマン大家さんが不動産投資で成功するための3つの法則についてご紹介します。

1

入居者のことを第一に

大家として一歩踏み出したとき、やはり利益を出したいという気持ちにかられるのはしかたない部分かもしれませんせん。しかし、自分の利益ばかりを考える大家さんは失敗する可能性が高いといえるでしょう。入居者がいなければ賃貸経営は成り立ちません。たとえせっかく入居したとしてもすぐに退去されてしまったりなどすると、余計に修繕費用がかかったりします。建物の管理を怠ったり、明らかに雑なリフォームなどをしていては入居者からソッポを向かれ、たくさんの空室がでるはめに。とはいえ、自分がその部屋に住んだときにどう思うかを考え、当たり前のことを当たり前にする、そうすることで成功への道筋が開けるでしょう。

2

パートナーを大切にする

不動産投資は、賃貸業者、リフォーム業者、不動産売買業者、税理士、会計士などさまざまな人たちと関わり合いながら運営されることになります。利益を生み出すパートナーたちを大事に、しっかり報酬を支払うことも大切です。すべて自分一人の力で運営できるほど、不動産投資運営は簡単なものではありません。各専門家の方々のアドバイスや力を借りて安定した経営を目指しましょう。

3

自分自身のことも考える

周囲の人たちのことを考えることが大事だとお伝えしてきましたが、もちろん、自分自身の利益も追求しなければ不動産投資は続けていけません。お金や自由を手にいれるために不動産投資を行っているわけですから、自分に利益が出ない中でやるのはまったく意味がありません。自分の利益のこともきちんと考え、その中でバランスをとって経営をしていく、というのが大切です。

結局すべては人対人の話になります。相手のことを思って行動することですべては自分に返ってきます。とはいえ、自分の要望や目的も忘れずに、小さなことからコツコツと積み上げていきましょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事