TOP » 投資 » 【年収別】サラリーマンにおすすめの不動産投資スタ…

【年収別】サラリーマンにおすすめの不動産投資スタイル

431View
R_en

不動産投資をはじめたい!と思っても、何をどうしたらいいのかわからないものです。特に、自分の収入ならどんな物件を保有するのが一番いいのか?という点は気になりますよね。今回は、年収別のおすすめ不動産投資スタイルをご紹介します。

1

年収300万円台は貯金or給与アップを目指そう

まずは年収300万円台。若手のサラリーマンや、非正規の方などはこのあたりの人も多いかと思います。現在フルローンなどもあるため、年収300万円以下でも不動産投資を行うことはできますが、実際には頭金をしっかり貯めるか、給与をアップさせ金融機関の融資を期待したほうが先々の投資には良さそうです。

2

年収450万〜600万円は区分マンションでスタート

サラリーマンの平均所得くらいの水準、年収450万〜600万円の場合は区分マンションスタートがおすすめです。区分所有のワンルームマンションなら東京23区内でも500万円前後で購入可能です。

区分マンションを1戸購入し賃貸経営の運用を何年か行ってから、他の区分マンションを買い増していき運用の収益金をためて、いずれは1棟アパートやマンションへという流れがおすすめです。

3

年収700万〜900万円なら1棟アパートも

年収700万以上あれば、1棟アパートを購入できる可能性が高まります。東京23区内であれば、新築アパートは8,000万円ぐらいで販売されていて、23区内に限らなければ5,000万円くらいの物件もあるようです。自己資金を2~3割用意できれば、1億円程度の1棟マンションも購入可能となります。

4

年収1,000万円以上なら、1棟マンションも狙える

年収1,000万円以上の方であれば、価格が1〜2億円程度の1棟マンションを頭金1〜2割で購入することが多いようです。大型物件を取得すればするほど、それだけ資産形成のスピードが上がります。気をつけなければならないのは、個人所得が高い場合、不動産所得と合わせてしまうと税金の支払いが大きくなって手取りが増えなくなる場合があります。その場合、不動産運用をする会社を作り、不動産をその会社の所有にするといった法人化するという方法が良いようです。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事