TOP » 住まい » 家が売れない!知っておきたい不動産売却の値下げコツ

家が売れない!知っておきたい不動産売却の値下げコツ

186View
t-shima

マイホームを手放す時には、さまざまな事情があるでしょう。理由はどうであれ「もう住むことがない」と考えている家を売る時には、できるだけ早く、そして高く売りたいと願って売りに出すはずです。なかなか買い手が見つからない場合は値下げをする必要が出てくるでしょう。

そんな時に、知っておきたい値下げのコツをお話ししていきます。

1

不動産売却までの期間ってどのくらい?

そもそも、不動産売却をする場合に不動産屋と媒介契約を結んでから、買い手が見つかるまではどのくらいの期間が必要なのでしょうか。現在、多くの物件がおよそ3か月以内には買い手が見つかると言われています。しかし、これは平均的な数値です。

費用、立地、築年数などすべてにおいて好条件の物件であれば、なんと数日で買い手が見つかるケースさえあります。しかし、長い場合では1年も売れないという物件もあるのが現状です。

2

売れないからといきなり大幅に価格を下げない

「とにかく早く売りたい!」と考える人は、不動産屋のいうように適正価格で売ることになるかもしれません。不動産屋が提示してくる価格は「確実に売れるだろう」という価格です。つまり、売主が「売りたい価格」よりも大幅に安いことが多いでしょう。これでは、後々「もっと高く売れたのでは?」という後悔が残ることに繋がります。住宅ローンの残債がある場合は、売却分で一括返済することもあるので、あまり妥協はしたくありませんよね。大事なマイホームを手放すのですから、後悔だけはしたくないものです。

値下げをするには、段階ごとにスケジュールをたてておくのがお勧めです。

3

段階を決めて値下げをする

一般的に3か月前後で売却できると考えて価格の値下げのスケジュールを初めに考えておきましょう。

1か月、2か月、3か月と少しずつ下げていきながら、様子を見ていきます。その間に内覧の申込みがあれば、需要はある物件ということになるので近々売れる可能性はあります。

ただし、内覧の申込みが全くないような物件では、残念ながら「人気がない」と判断して、思い切って早めに値下げしておくことも考えることが重要です。そもそも問い合わせのないような物件は「価格が高い」「立地が悪い」という条件が重なっている場合があります。

4

多くの人に見てもらう値下げの方法

不動産を購入しようと本気で考えている人は、チラシや新聞広告以外で、インターネットを利用して情報収集するものです。

そこで、自分の予算を条件設定して検索することになります。例えば「2,000万円までしか予算がない」と考える人は、検索条件に「2,000万円未満」とします。すると2,020万円の物件ではヒットしませんが、1,990万円にした場合はヒットします。この差はたったの30万円なのですが、多くの人に検索してもらうためには重要なポイントです。

2,050万円で売りに出していた物件を値下げする時は、思い切って1,900万円台にしてみると、買い手が見つかる可能性が高まります。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事