TOP » 投資 » サラリーマンの副業に「不動産投資」をおすすめする…

サラリーマンの副業に「不動産投資」をおすすめする理由3つ

417View
R_en

いま「老後に不安を抱えている」「年金だけでは生活ができない」と考えているサラリーマンから注目を集めている不動産投資。不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンとも言われます。そんな不動産投資、じつはサラリーマンの副業におすすめだということを知っていますか?今回は、サラリーマンの副業に不動産投資をおすすめする理由をご紹介します。

1

誰でも始められるが、サラリーマンは特に有利

不動産投資は誰でも始めることができます。いまはフルローンという制度もあり、資金ゼロからでもできるといった広告も翌出ていますね。そんな中、サラリーマンであるからこそ、有利であるというポイントが以下の3つです。

・サラリーマンは銀行からお金を借りやすい
サラリーマンは会社という信用があり、ある程度の勤務年数があれば銀行から融資を受けやすいです(本人がカード支払いを延滞している等がなければ)。不動産投資で融資を受けやすいというのは大変大きなメリットです。

・サラリーマンは給与所得がある
サラリーマンでいる間は給与所得があります。不動産投資を始めれば、家賃収入で不動産所得が入ってきます。が、空室率を考えると不動産投資が入ってこない月もあるのです。その場合、サラリーマンでいる間は会社からの給料で生活することができます。

・副業は禁じられていても投資はOK
いまだに副業が禁止、という会社は多いかもしれません。ところが、投資を禁止しているという会社は銀行や証券会社など以外ではあまりないのではないでしょうか?もちろん就業中の投資は厳禁ですが、業務時間外での投資は問題ないでしょう。

2

空き時間でできる

サラリーマンで副業をするにあたって、業務時間外に何かしようと思っても、終業時間が夕方6、7時というところはザラ、もっというと残業で8、9時まで残っているという人も多いのではないでしょうか。その時間から副業を行うというのは難しいというのが現実ですが、不動産投資の場合、物件の管理や契約業務を不動産屋にお任せすることができます。その場合は、手数料がとられ収入は下がりますが、サラリーマンの安定収入と不動産所得の二本柱の安心感に勝るものはありません。

不動産投資を副業で始めるにあたって、時間がないと思うかもしれません。けれど、実際にサラリーマン大家さんは存在していて、うまくいった人はサラリーマンをリタイヤして不動産投資家となっている人もいるようです。

3

本業とは別に収入を持つことで自信になる

サラリーマンが不動産投資という副業を持つことのメリットとして、本業とは別に収入を持つことで自分の自信になるということがあります。これは不動産投資に限ったことではありませんが、自分の力でお金を稼ぐ力を身につけられると余裕が出てきます。会社にも依存する必要がなくなるので、一歩ひいた目線で見ることができるでしょう。

世の中お金がすべてではありませんが、お金がないことで余裕がなくなるというのは事実です。たとえ自分がうまくいっていても、会社の経営がうまくいかずに給与が下がることだってあり得ますし、急な倒産もまったくないとはいえない現状があります。会社のみを頼るという働き方は今後どんどん変わっていくことになるでしょう。

不動産投資は安定した本業がありつつ、空き時間に行動ができるサラリーマンの副業にぴったりです。うまくいけば夢のセミリタイアも可能!いまこそ挑戦するチャンスです。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事