TOP » 賃貸 » おすすめの不動産賃貸業

おすすめの不動産賃貸業

161View
t-shima

不動産賃貸業を具体的に説明すると、不動産物件、例えばマンションやアパートなどを貸して賃貸料収入を得ることです。
飲食業などとは違い、安定した収入をコンスタントに得ることができるのが特徴で、安定性もあり、若い方にも人気の業種です。
若い方の場合は、本業としてサラリーマンをされている場合がありますがそれとは別に不動産を人に貸すということで、副業的に収入を得る方がいるのが実態です。

1

どのような物件に人気が集まるのでしょうか

では、どのような物件であれば不動産賃貸業として収入を得ることができるのでしょうか。
まず、立地条件がいいことが挙げられます。
駅が近い、スーパーが近い、病院が近いなど、生活するにあたりある程度利便性があるところが好まれます。
逆を返せば、そのような物件であれば仮に前に住んでいた方が違うところへ引っ越しをされたとしても、次の借り手が表れやすいので、これも安定した収入を得ることができる要因といえます。

2

契約は難しいのでしょうか

では、そういった安定した収入が得られる不動産賃貸業ですが、実際に賃貸借の契約をすることは難しいことなのでしょうか。
決して難しいことではありません。
もちろん、不動産業なので宅建所持者がいなければ契約等々ができませんが、それは仲介会社に間に入ってもらえればすぐにクリアになる問題です。
難しく考えることはありません。
実際にそういった形で不動産賃貸業を始めている方がほとんどだといいます。
契約書も、仲介業者が準備してくれますから自分で準備する必要はありません。
もちろんその場合は仲介業者に手数料を支払うことになりますが、さほど高い金額を請求されることはありませんので安心です。

3

チャレンジしてみる価値はあります

不動産物件を持っていないから、と諦める必要はありません。
例えば物件をローンで購入して、その返済額よりも若干高めで賃貸料を設定し誰かに貸して収入を得れば、ローンは返済できますし、金額によっては手元にお金を残すこともできます。
また、当然のことながら貸しているその物件を自分のものとして所持することができます。
誰かに貸しているだけですから、そもそもその物件は自分のものというわけです。

このように、不動産賃貸業を始めることは難しいことではありません。
少しでも興味を持ったなら、くよくよ悩まず物件探しをしてみて投資するような感覚で初めてみるといいでしょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事