TOP » 投資 » これぞ王道!不動産投資を若い世代から始める方法

これぞ王道!不動産投資を若い世代から始める方法

298View
t-shima

個人の方も、投資を始めて見ようと思われる方が増えたのではないでしょうか?
今回は「不動産投資を若い世代から始める方法」と題し、触りの部分から紹介をしていきたいと思います。
これから始める、中高年の方々も問題なく始められます。

1

不動産投資を始めるのに必要な物は、言わずとしれたお金

不動産投資を始めるには、必ず必要な物があります。何事もお金ですよね。自己資金です。一般的に3000万円の中古アパートを購入するには、自己資金は、15%必要です。だいたい450万円となります。10%の300万円は、頭金として必要であり、残りの150万円は諸経費です。(諸経費を忘れがちな方が多いです。)各銀行で用意してある不動産投資ローンを利用する時は、最低でも頭金10%は必要な事が多いです。中には、頭金0円で不動産投資ローンを組める金融機関がありますが、金利が高いことが多いです。ですから自己資金はある程度必要であることを心得ておくことが必要です。また、現金で中古ワンルームマンションや中古一戸建てを購入して不動産投資を始める時も、最低でも300万円ぐらいは必要となります。

2

投資家と同じ立場に立つための経営感覚

不動産投資をする事は、「不動産賃貸業という事業を始める」ことです。そのため、収支をプラスにする事が必要であり、マイナスでは自分の給料から持ち出しとなります。それでは投資家としても経営者としては、失格です。(短期的な結果を除く。)
そのような経営をしていますと、いずれ破たんをしてしまいます。破たんを防ぐためにも、家賃収入ですべての経費を支払って、さらに自分の手元にお金を十分に残す感覚を持つことが必要です。俗に言うザル勘定を無くすことです。

3

肝心な時に救う、知識

知識というのは、不動産投資をする中で、障害関係を取り除く知識、建物を見る知識、経理に関する知識、税金に関する知識、賃貸需要を調査する知識などを指します。
特に賃貸需要に関する知識は、空室が高い地域を調べてそのような地域の物件を購入する事を回避する事ができます。
税金の知識は、余分な税金を支払う必要が無く、手元にお金を残すことができるようになります。このような事をすべて持っていることで、不動産投資をして上手くいくようになります。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事