TOP » 賃貸 » 木造メゾネットのメリット、デメリットを知ろう

木造メゾネットのメリット、デメリットを知ろう

947View
t-shima

メゾネットタイプの物件、最近増えていますよね。
賃貸だけど二階がある。そんなメゾネットタイプの賃貸物件。しかしそこには落とし穴があるかもしれません。

住む前に知っておきたい木造メゾネットのメリットデメリット。ここで一気にご紹介していきます。

1

メゾネットタイプの物件とは一体…?

ここ最近増えて来ましたメゾネットタイプの物件。
メゾネットとは、一住戸が二層以上となる構造の物件を指します。

簡単に言うと、内階段のあるマンション、アパートであり、デザイナーズ物件などおしゃれな物件が多いのも特徴です。

2

ほぼ一戸建て?メゾネット物件のメリットとは?

メゾネットタイプの物件のメリット。それは賃貸でありながら一戸建てのような感覚を味わえることでしょう。
特に新婚さんなどには人気が高く、共用の廊下を使わなくて良い為に精神的な負担が少ないのも魅力です。

下の階、上の階の騒音を気にする必要がありませんので、住人の生活時間帯が異なる場合や小さな子供のいるご家庭などにもお勧めです。

3

気になるのは隣人の生活音?

しかし木造メゾネットにもデメリットが存在します。
上下の騒音が気にならない分、隣人の生活が特に気になってしまうようです。

メゾネットは独自の構造があり、隣の部屋との作りによっては、トイレや風呂場が隣り合っていたりするので、その音が聞こえてしまう場合があります。
また、室内の階段のため、その上り下りの騒音は余計響いてしまうようです。

4

遮音性にはしっかり確認して!

勿論騒音は全ての物件と言う訳ではありません。
しっかりと遮音対策がされている物件もあり、隣人の騒音が気にならない、という人も少なくはありません。

木造物件、特にメゾネットタイプの物件の場合は、遮音性をしっかりと確認し、皆が気持ちが良く生活出来る物権を選ぶと良いでしょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事