TOP » 賃貸 » リノべーション物件を借りる場合に気を付ける3つの注…

リノべーション物件を借りる場合に気を付ける3つの注意点

397View
t-shima

最近、リノべーション物件の人気が高まっています。
大まかに言えば、リノべーション物件とは築年数が古い物件をリフォームするだけでなく、おしゃれな外観や内容、
設備を新しくするなどしてオリジナル性の高い部屋を提供しています。賃料は同じような築年数の物件に比べると割高ですが、入居率は比較的高いです。
ただし、リノべーション物件を借りようと思い場合に注意すべき点が3つあります。

1

空室を埋めて収益を上げる事が目的

部屋の持ち主である大家さんは家賃収入を手に入れるために賃貸経営をしています。
経営者として利益を出すために物件を所有していますので、借主の幸せだけを考えるボランティア活動として工事をしているのではありません。
リノベーションをする理由は空室が増えて収益が悪化している事や建築物の老朽化が主な理由です。
ごく一部の大家さんは心から借り主の方に快適に過ごして欲しいという思いを持たれていますが今回の話では利益重視のリノベーション物件と考えてください。
話を戻しますが、収益率を上げるためには高額の工事費用をかけずにリノベーションするでしょう。
そうなると、費用があまりかからない壁紙や床、目に見えやすい部分をきれいにするでしょう。

2

設備が新しくなっているかも確かめる

外観が変われば、建物が新しくオシャレに感じると思いますが設備についてもチェックして下さい。
特に欠かせないのがエアコンとお風呂です。古いエアコンは衛生上も良いとは言えませんし、電気代がかなり割高になります。
数年住むのであれば、自分で買い換えた方が安上がりになるでしょう。また、お風呂についても浴槽が狭いままやユニットバスでしたら不便な点も多いです。
このような設備まで改善されている物件は、信頼できる大家さんが運営している可能性が高いです。

3

絶対に聞かなければならない水回りの現状

リノベーション物件では水回りに関して絶対に聞きましょう。なぜなら、見た目にはわかりにくいからです。
さきほどお話したように、築年数が古いから工事をしています。そうなると、当然水道の配管や水回りも修繕する必要性が高いです。
しかし、外観に費用をかけてしまい、水回りは後回しというケースも多いです。もちろん、生活する中で水回り問題が生じれば大家さんは対応しますが、
すぐに工事をしてくれるとは限らず生活に支障をきたすでしょう。そうならないためにも、問い合わせの段階で「水回りの工事をしていますか?」と
聞きましょう。明確に「調べたが問題ない」「このような箇所を工事した」などの返事がもらえれば見学に行っても良いでしょう。
物件を借りる際は、見た目も大事ですが、見えない部分も把握しましょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事