TOP » 住まい » 納得!人が集まる居心地のいい住まいの条件

納得!人が集まる居心地のいい住まいの条件

469View
t-shima

親しい友人を招いての心やすらぐひとときには、美味しい料理やお酒のほかに自然と会話がはずむような心地のいい空間があれば最高ですね。
そんな人が集まる居心地のいい空間、住まいについて考えてみましょう。

1

がんばりすぎない自然体のインテリアでリラックスできる雰囲気づくりを

インテリアにはナチュラル、モダン、和風、北欧、クラッシック、などさまざまなタイプがありますが、あなたがリラックスできるのはどんな部屋ですか?
長く使いたいシンプルな天然素材の雑貨や、肌触り・座り心地のいいソファ、部屋のアクセントになるような色鮮やかなファブリック、涼しげな素材買いの食器や木のぬくもりが優しい家具。優しい色遣いや質感ものってなんだか安心できて、リラックスできますね。あなたにとって自然体のインテリアで、ついつい友人が長居してしまうような空間づくりができたら、住んでいるあなたもきっともっと家が大好きになるでしょう。

2

くつろぎ時間を大切にしたい人はお気に入りのソファ

ソファがあると、ついつい横になってしまう。というのはよく聞く話です。体を優しく包み込んでくれるような、肌触りがよく座り心地のいいソファがあれば、そこはとっておきのスペースになります。
座面が広い奥行きのもの、体が埋もれるようなやわらかい素材のもの、寝そべったときに頭が絶妙な高さになるような肘かけがあるもの。ソファにもいろいろなタイプがありますので、実際に見てまわってお気に入りのソファを探してみましょう。

3

毎日使う照明や収納は使うほど味がでる天然素材がおすすめ

照明がお部屋の雰囲気を決めると言っても過言ではありません。たったひとつの照明器具でもお気に入りのものを選びましょう。
収納は隠すばかりではありません。かっこよくおしゃれに見せる収納ができれば、居心地のいい空間ができあがります。そんなときにおすすめ。カゴや木箱などの天然素材を使って見せましょう。こまごました日用品もカゴに入れて棚に並べてしまえば、生活感を隠しながらさりげなく見せる収納が楽しめます。

4

居心地のいい空間には香りアイテムも必須

どんなにおしゃれで真似したい空間でも、生活臭がする家が居心地のいいものではありません。香りはとても重要ですね。アロマをたいたり加湿器などを使って部屋じゅうをいい香りで満たしましょう。さわやかな森林の香りや柑橘系、甘いベリー系もいい香りです。お部屋に入った瞬間、ふわっといい香りが漂ってくると嗅覚からリラックスできますね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事