TOP » 投資 » 注意!マイナンバー制度で副収入がばれる?

注意!マイナンバー制度で副収入がばれる?

537View
t-shima

10月より導入されたマイナンバー制度。あなたはその事について本当に知っていますか?
ここでは、マイナンバーについて。家賃収入や不動産投資の観点から説明します。

手遅れになってからではいけませんよ!

1

マイナンバー制度はいつから?

『マイナンバー制度』とは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

マイナンバー制度は2015年10月から始まり、2016年1月から開始されます。

2

マイナンバーってどこで使われるの?

マイナンバーを使用する場面としては、サラリーマンの年末調整や印鑑登録、確定申告、雇用保険や医療保険が主とされています。

また、自分の預金口座でどれだけの収入があるなども簡単にわかる為、年金や生活保護の不正受給や脱税の防止にもつながります。

3

マイナンバー制度で会社に副業がバレる?

マイナンバーの規則では民間企業へのマイナンバーの流用は禁止されています。
つまり、会社が勝手にあなたの副業を調べる事はありません。

また、他人のマイナンバーを不正に入手したり、他人のマイナンバーを取り扱っている人が、マイナンバーや個人の秘密が記録された個人情報ファイルを他人に不当に提供したりすると、処罰の対象になります。

4

副業をしている人は注意!

マイナンバー制度により、副業の収入が会社へとバレる事はありません。

しかし、住民税に関しては確定申告時に『普通徴収』を選択しないと住民税が上がる為、会社にバレる可能性があります。

また、『副収入が20万円以上の方は申告が必要』となり、税金を納税しないと税務署から通知が送られて支払いを命じられますので注意が必要です。

副業を行う事のメリット。デメリット。
その両方をしっかりと理解し、来年に向けて準備が必要です。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事