TOP » 賃貸 » セキュリティ設備が必須条件!?賃貸にあると安心な…

セキュリティ設備が必須条件!?賃貸にあると安心なアイテムとは

179View
t-shima

防犯ということに意識が向く人が増えているようです。
家の中に簡単に進入された、という事件をニュースで目にすることが増えたからでしょうか。

また、防犯対策をしてある、安心を売りにした賃貸物件も増えています。テレビCMでもよく見かけますよね。
セキュリティ対策をしていることは、これからは必須条件になるかもしれません。
どんなセキュリティアイテムや方法があるのかを知ることは、不動産投資を続ける上での大事なポイントになるはずです。

1

セキュリティアイテムいろいろ

オートロック
こちらはだいぶ前からあるシステムですね。
最近建てられたマンションの出入り口にはほとんど設置されているのではないでしょうか。
ただし、オートロックは抜け道もたくさんあります。
出入りする入居者の後をついていけば通ることは可能ですし、裏口や駐車場からは普通に侵入することができるなどの不安要素があることも。

これに対応して、各部屋すべてオートロック対応にすることが可能なシステムも登場しました。
カードやスマホなどが鍵になるなど、便利度と安心度が上がっているといえますね。
今後は顔認識システムなど、より入居者を守るシステムが普及していくでしょう。


モニター付きインターホン
こちらも幅広い物件に浸透してきたセキュリティアイテムではないでしょうか。
最近の製品は、画面もカラー表示で大きくなり、見やすくなっています。
録画や録音機能、留守応答機能から、スマホで対応できるものまで、機能も充実。
特別な工事をしなくても簡単に取り付けられるものもあり、手軽に導入しやすいアイテムだといえます。


防犯ガラスやシャッター
こちらは、主に1階などの低層階に取り付けられることが多いもの。
空き巣や不審者などに外から侵入されることを防ぐ役割をもっています。
防犯ガラスを取り付けるのはコストがかかりすぎると感じる場合は、防犯フィルムを貼るという対策方法もあります。


留守番タイマー付きの照明や人感センサーの照明
時間がくると、家の中の電気が点灯するようにするものや、人が通るとパッとライトがつく照明を設置する例もあります。
仕事や旅行などで長く家を空ける人には、ぴったりのセキュリティアイテムではないでしょうか。
ひとり暮らしをしている人で、真っ暗な部屋に帰りたくないという人にも便利なようです。

2

セキュリティを強化した賃貸物件も登場

近ごろは、防犯対策をいくつも施してある賃貸住宅も登場しています。
主にひとり暮らしの女性向けの物件が多いですが、小さな子どもがいるファミリーにも需要がありそうです。

防犯アイテムばかりではなく、セキュリティのプロと契約してある物件もありますね。
エントランスにステッカーが貼ってあるだけでも、大きな安心を得られます。

3

周辺環境にも配慮を

賃貸物件で見逃しがちなのが、周辺の環境についてです。
いくら物件内がセキュリティ対策バッチリだったとしても、街灯もほとんどない暗い道路ばかりのところに建っていれば、不安をかきたてられます。
ある不動産オーナーは、周辺が暗いからと敷地内に自動販売機を設置し、少しでも明るくしようとしたとか。

防犯を考えるならば広い視野を持って、建物内部ばかりではなく、外部にまで配慮をしておくといいかもしれませんね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事