TOP » 投資 » いまの給与で満足してる?サラリーマンが注目すべき…

いまの給与で満足してる?サラリーマンが注目すべき、サイドビジネス5つ

362View
R_en

働く上で給与は多ければ多いほどうれしいもの。とはいえ、ボーナス・残業代のカット、給与があがらないなど、昨今のサラリーマン事情はなかなか厳しいのが現状です。そんな中、収入を増やそうと副業に注目が集まっています。ある調査では、サラリーマンの副業経験者は約30%、副業をしたいと考えている人は40%といった結果も出ているようです。今回は、サラリーマンが注目すべきサイドビジネスについてご紹介いたします。

1

いまの給与で満足していますか?

給与は多くもらえればうれしいですが、実際には年々大きく上がっていく、という人は少数派でしょう。そんな中でもがんばれば上がるじゃないか、と思われる方もいるかもしれません。しかし、会社の業績や周囲との兼ね合いなど、自分の努力のみでは如何ともしがたいものがあるのも事実。

給与を上げたいと会社の仕事をがんばって時間や労力をかけるよりも、副業を始めたほうが収入が簡単に増えるのではないでしょうか?とはいえ、副業は本業の時間外で行うものです。実際には労働時間は長くなりますし疲れることも多いでしょう。けれども始めなければ収入は増えません。今回は、いざ副業を始めたいと考えた方にオススメの、サラリーマンが注目すべきサイドビジネスをご紹介いたします。

2

注目すべきサイドビジネス1:アフィリエイト

アフィリエイトとは、自身のホームページやブログに広告を貼って、広告宣伝費を稼ぐビジネスです。
パソコンと知識さえあればすぐにでも始めることができ、初期投資の費用も少なく済むので、比較的とりかかりやすい副業と言えるでしょう。

しかしながら、95%のアフィリエイターは月5000円も稼げないなんていう話もあるのが現実です。アフィリエイトで稼いでいる人がいるのも事実ですが、誰でも簡単に稼げるものではないのでご注意を。

3

注目すべきサイドビジネス2:ネットオークション、フリマアプリ

比較的簡単に始められるお小遣い稼ぎが、ネットオークションやフリマアプリです。

ネットオークションとは、インターネット上で行われるオークションのこと。よく使われているのは、「ヤフオク(Yahoo!JAPAN)」「モバオク(DeNA)」「楽天オークション(楽天)」です。出品されている商品に対して、指定の金額で入札し、一番高い金額を指定した人が落札するといった仕組みです。

フリマアプリとは、インターネット上でフリーマーケットのようにユーザー同士が売買を行えるサービスをいいます。メジャーなフリマサイトは「mercari(メルカリ)」「フリル(Fablic)」「LINE MALL(LINE)」。その他、ヤフーやmixiもフリマサイトの運営を行っています。

どちらも、不要なものやレアな商品を出品することで、そのアイテムがほしいユーザーとつながることができ、売買が成立します。不用品が売れたり、思わぬ高値がついたりするのも醍醐味ですね。売買の際、ユーザー同士のやりとりや、発送などの手間がかかるので、そのあたりを面倒と感じずにできる人におすすめです。

4

注目すべきサイドビジネス3:自動販売機の設置

古くからサラリーマンのサイドビジネスとしても一定の人気を誇る、自動販売機設置。営業マンなどが自分の営業ルートと一緒に、自動販売機設置の営業を行ったり、なんて話もあるようですね。

また、自宅の敷地や駐車場などに自動販売機が設置できるスペースがあれば、すぐにでも設置できます。月の電気代はかかりますが、設置さえしてしまえばあとは飲料メーカーが補充や集金なども行ってくれます。

5

注目すべきサイドビジネス4:FX、株

副業のひとつとして、投資を始めたいと考える方たちは、まずこの株やFXを検討する人が多いのではないでしょうか。

FXとは、米ドルやユーロなどの外国通貨を売買して、利益を得る取引のことをいいます。異なる2国間の通貨を値動きを予測して、為替レートの差額で利益を稼ぎます。また、資金を担保にしてその25倍までの金額の取引が行える”レバレッジ”という方法を採っているので、元手が少なくても大きな金額の取引も可能になる金融商品です。

株式投資は、株式を発行している会社の中から、投資をしたい会社の株を購入し、その会社の売買益や配当金などの利益を得ることをいいます。

どちらも投資なので、リスク・リターンがあります。とはいえ、サラリーマンでも通勤時間やランチタイム、休日などを使って行っている人も多くいるようですね。

6

注目すべきサイドビジネス5:不動産投資

サラリーマンにおすすめのサイドビジネスとして、いま注目されているのが不動産投資です。

昨今、都心部のマンションなどの不動産価格も高騰していて、利回りも上がり傾向にあるとのことで今が始めどき、なんていう声も聞こえてきます。

しかし、始めるのにある程度の資金がいるため、みんながみんな始められるわけではありません。とはいえ、サラリーマンであれば融資を受けることも可能ですし、資金ゼロで始められるフルローンなどもあります。気をつけたいのは不動産リスク。物件を選定するのにきちんと見極められる知識などを学ぶ必要があります。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事