TOP » 住まい » 知らないあなたは後悔している!?リフォームの為の…

知らないあなたは後悔している!?リフォームの為のアイディア集

469View
t-shima

皆様はどのような思いを抱きながら、新しい住まいを探されていますか?住み替えなら駅から近い方がいいなど環境面から検討される方もいらっしゃいますよね。

今回は、せっかくリフォームするなら知恵を蓄え、失敗しないリフォームプランとなるよう案内します。

1

部屋の狭さにお悩み

まず一番皆様が気にされていることは、部屋が狭いから引っ越しやリフォームを考えることでした。その際に大事な点が、「実際に家族構成としてゆとりが無いのか」、「物が多くて狭いのか。」です。
後者の場合は、収納力を高めましょう。例えば、畳下収納を検討しましょう。和室も意外と物が増えてしまうところです。押入れ以外の収納が少なく、家具を新たに置けばその分お部屋が狭くなってしまいますが、和室用の床下収納を使えば、家の収納問題は一気に解決します。

一目見た感じでは、まったく普通の畳と変わりませんが、壁のスイッチを操作すると、電動で自動的に手が入る程度のすき間が開く商品があります。後は女性でも軽々持ち上がる機構になっているので、使いやすさも十分です。

2

設備の古さゆえのお悩み

リフォームを検討する理由に絶対と言っていいほど、入ってきますね。
お風呂をお婆様も入りやすいお風呂にしたい!・トイレを新しい商品で一新したい!という場合は、トイレはスペースを広く見せる為にタンクレスを使用することや、手洗いも付けて快適な空間にしてみましょう。お風呂に関しては、老後を検討に置き、使いやすいように、手すりを設置したり、段差が無いようにフロアの確認と浴槽の深さも施工業者に相談してみてください。

3

夢を叶えたいとお悩み

今までの生活も悪く無いが、やっぱりリフォームするなら、夢を叶えたいと思うのが普通ですよね。
どんなことを希望に挙げますでしょうか?
住む人が全員叶えられるというのは、予算と住まいの大きさによります。
ここは、住まいで夢を膨らませられるように、夢部屋と呼べるようなフリースペースを設けてみては如何ですか?

4

騒音・物音でのお悩み

確かに、毎日暮らしていく場所ですから、気になる物音や騒音がなっている状態ではストレスがかかりますよね。
防音対策なら、内装リフォームをするときがチャンスです。天井や壁、床に遮音シートを貼ることで遮音性を高めることができます。
更に吸音性をもつ天井材に取り替えたり、防音壁材を組み合わせたりすることで、本格的な防音対策を目指すことも可能です。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事