TOP » 投資 » これから始める投資!預貯金・株式・不動産投資のメ…

これから始める投資!預貯金・株式・不動産投資のメリットとリスク

384View
R_en

物価や税金は上がっているのに、給料がぜんぜん上がらない…そんなサラリーマンの悲鳴が聞こえてくる昨今。年金支給の引き上げも決定的、老後の不安が止まりません。そんな中、注目されている投資ですが、今回は「預貯金」「株式」「不動産投資」の3つの投資のメリットとリスクについて見ていきましょう。

1

預貯金のメリットとリスク

預貯金とは、銀行にお金を預けることを言います。取り扱う金融機関によって「預金」「貯金」という使い分けがされているようですが、内容は同じことです。

貯金はもうすでに多くの方が行っているかもしれませんね。メリットとしては、預けているだけで金利がつくこと、最大のリスクは預けた銀行の破綻ですが、個人であれば1金融機関ごとに一人当たり元本1000万円(と、破綻日までの利息)は保証されます。ただし現在の通常の銀行金利平均は0.020%(定期預金は0.025%)、リターンは微々たるものです。

2

株式投資のメリットとリスク

株式投資とは、企業が発行した株を購入して株主権を取得し、経営に参加する権利・配当をもらう権利などを得ることを言います。

株式投資のメリットは、配当や株の値上がりの際の売買益です。投資先の業績がいきなり上がった場合など価値が何倍にもなる可能性があります。反対にリスクとしては、投資先の業績不振による株の価値の下落です。ハイリターンも期待できますが、リスクも高いのが株式投資と言えるでしょう。

3

不動産投資のメリットとリスク

不動産投資とは、不動産を購入して家賃収入を得たり、売却益を得ることを言います。

不動産投資のメリットはいくつもありますが、最大のメリットは毎月の安定収入が期待できること。その他、節税効果が期待できたり、賃料の変化がゆるやかだったりインフレに強かったりなどといった不況に強い面もあります。リスクとしては、資産価値の下落の可能性があること、建物の老朽化、空室の場合の収入ゼロ、入居者とのトラブルなどが挙げられます。ただし、不動産投資のリスクは想定しやすいと言えるでしょう。

なにより、一番のリスクは「知識がない」ことです。きちんと学び、情報収集することでリスクを減らすことができるしょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事