TOP » 投資 » 理由付けが大事?要注意!失敗しない不動産投資の心…

理由付けが大事?要注意!失敗しない不動産投資の心構え

373View
t-shima

皆様は不安定な政治経済、上がる一方の税金や長引く不況に戸惑うことはありませんか?「このままでは自分たちの老後や子供達の将来が見えなくて不安になる。」という不安を抱えている方の声をよく耳にします。
「やはり行動しなければ」と思うものの、貯蓄や資産運用など世の中には様々な情報が流れていて本当に自分に合った資産形成方法がわからないのが大半ですよね。
今回は、『要注意!失敗しない不動産投資の心構え』と題し、不動産投資にフォーカスし、大事な心構えから説明していきます。

1

世の中の実情を理解する

「サラリーマンがある方法に出会い○○法で億万長者に」や「たった□□で○億円儲けた」等、宝くじを当てたかのような話を書籍やネット上で見かけます。このような内容はお金が欲しくて行動する人のほとんどの人が飛びついています。実際に大金を手に入れる人は確かにいますが、それ相応の『大きな賭け』や『リスクテイク』を伴った結果、たまたま当たりくじを引く事ができた、ごく一握りのケースになることが多いいようです。

2

不動産投資を始める理由付けを理解する

皆様が羨む夢のような『タナボタ』話に魅了されて、上記のような一攫千金を狙った結果、大損してしまって大失敗をおかした方もいるのではないでしょうか?
不動産投資の『成功と失敗』は、その人が求める環境・人間関係によって往々に変わってきます。
・配偶者が安定した老後を送るために必要な年金を得る必要がある。
・個人に万一の事が起こった際に、妻と子供に十分な生活資金を残す必要がある。
・銀行預金するより多額の利息収入を得る必要がある。
資産運用に対する考え方は『何を優先するかによって投資する金額も、得られる収益もリスクの大小も異なる。』ということです。
まずは皆様が何を求めているのかを明確にすることが重要です。

3

失敗しない方法は何か理解する

あなたが一番求めているものを得る為に「成功する方法」を探すのも良いでしょう。
しかしここが難しいポイントで「誰もが成功する方法を見つけることができるのか?」ということです。
それよりも「失敗しない方法」なら見つけられるのではないでしょうか?「失敗しない方法」に一番近いとされているのが不動産投資です。

4

不動産投資の心構えを理解する

上記で理由付け、「失敗しない方法」不動産投資を理解して頂いたと思います。
これからは実践あるのみです。
今後思っていた通りにならず、収益が得られないからとやる気をなくすこともあると思います。
何故思ったほどの収益が得られないのかをじっくり考え、実行したりして、時間や気持ちに余裕を持って挑むようにすると、長期的に見ると収益を得られる場合が多いため、辛抱強さも大切な心得になります。

・長い目を持って挑む辛抱強さ
・短期的な利益を求めない。
・思い通りにいかないときほど冷静になる

以上の心得を持って臨むようにしてください。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事