TOP » 投資 » いまからはじめる不動産投資、本当に「安定収入」が…

いまからはじめる不動産投資、本当に「安定収入」が得られるのか?

212View
R_en

自分年金や収入アップのために、不動産投資を行う人が増えています。将来の安定した収入の期待が高い不動産という資産運用。しかし、本当に安定収入は得られるのでしょうか?いまここで、あらためて不動産投資のメリットとデメリットを見直してみましょう。

1

不動産投資とは

不動産投資とは、利益を目的として物件を購入するなど不動産に投資することをいいます。具体的には、アパートやマンションを購入し家賃収入を得たり、物件の価値があがったときに売却し、その差額で利益を得ることをいいます。現在は、不動産の売却益で利益を得る運用方法より、家賃収入を期待して不動産投資を行うやり方が主流となっています。

2

不動産投資を行うメリット

不動産投資を行う最大のメリットは「長期にわたり、安定した収入が期待できること」です。不動産投資の良さは、景気などの外部要因に影響を受けづらく、資産価値そのものも下がりにくいと考えられています。また、家賃収入といった安定的な収益は、老後の生活資金として自分年金として考えている人も多いようです。また、所得税や相続税の節税にもなるということもメリットとしてあげられます。

3

不動産投資を行うデメリット

不動産投資のデメリットは、投資物件の購入に多額の資金がかかること。そのため、多くの場合「借入」を行うことになります。家賃収入が思うように上がらなかった場合、返済が難しくなることも考えられます。返済が滞り、物件を売却したとしても物件価格が下がっていたら、借入が返済しきれないといったリスクも考えられます。また、借入の返済や利息の支払いが完了するまで、どうしても手元に残るお金が少なくなります。しかし、返済が完了したら収益性は大きく改善されます。

4

不動産投資リスクの回避方法

不動産投資にはリスクがつきものです。インターネット上でも失敗事例は多く、「空室のリスク」「売却時のリスク」といったものもあげられています。そもそも、不動産投資のリスクを回避するために、立地の良さや設備が優れているといった長期的に高い価値を維持できる物件を選べば失敗の可能性は減ります。しっかりリスクを予測し、そのための対処法を考えておけば不動産投資はきっと成功することになるでしょう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事