TOP » 投資 » 不動産投資、建物がなくても儲かる方法がある!?

不動産投資、建物がなくても儲かる方法がある!?

331View
t-shima

不動産投資、興味はあるけど何から始めていいかわからない。
そんな方は多くおられます。

投資にはパターンがあります。
ここでは、そのパターンをわかりやすく説明していきます。

1

いろんな投資パターンがある不動産投資

不動産投資は賃料で収益を得るのですが、様々な投資パターンがあります。
マンション、ワンルームマンション、一戸建て、オフィス、店舗などあり新築と中古、建物の構造も違います。
考えただけでややこしくなると思いますので、わかりやすく初心者と上級者の投資パターンをお伝えします。

2

初心者の投資パターン

初心者の投資パターンとしては、中古のワンルームマンションが多いです。新築物件は購入と同時に価値が3割は下がりますので収益率が落ちます。
また、立地の良いワンルームマンションは空室になりにくく、物件取得価格が高くありませんのでリスクも少ないというメリットもあります。

3

上級者はポートフォリオを利用する

上級者になると、投資でよく言われるリスク分散のためのポートフォリオを利用します。具体的には、似たようなアパートばかりに投資するのではなく、
木造のアパート1棟、マンション、店舗、一戸建てなどから収益を得ます。
その理由としては、マンションの人気が落ちる場合や景気が低迷して店舗の入居希望者が減るなどしても、ほかの物件の収益でカバーできるからです。
おそらく古い木造アパートはデメリットばかりと初心者の方は考えるでしょうが1棟あれば万が一の場合に取り壊して換金できます。
景気や問題が起きた場合への対処を考えながら投資するが上級者です。

4

建物がなくとも儲かる方法とは

ここまで見ると、不動産投資は建物から収益を発生させるため、どのような選択が重要かと考えたと思います。
しかし、建物がなくとも収益を上げることができる方法があります。
それは、「コインパーキング」です。そう聞けば、「なんだそんなことか」と感じるでしょう。
しかし、不動産投資を始める方の大部分が家賃収入ばかり意識して建物がないと収益が上がらないと思い込んでいますが、
コインパーキングも立派な不動産投資であり大きなメリットも2つあります。
1つは実際に表面利回り8%程で稼働させる事が可能です。この数字は優良物件に近い利回りを実現します。ただし、事前調査は必要です。
近隣のコインパーキングの平日、休日の朝、昼、夜の稼働率を集計しなければなりませんが、不動産会社に協力してもらうだけではなく、
自分でも動いて近隣駐車場を調査しましょう。
もう1つは、駐車場はすぐに建築物も建てることができます。
立地の良い土地を所有して、駐車場収益でキャッシュを増やしながら建築の時期を見計らうこともできるというメリットもあります。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事