TOP » 賃貸 » 知らないと後で困るかも!?賃貸住宅の管理会社と大…

知らないと後で困るかも!?賃貸住宅の管理会社と大家さんの違い

232View
t-shima

賃貸住宅には、いろんなルールが隠れています。入居する際に、ノート1冊分ほどの書類を渡されることも、ルールの多さを物語っています。
かなり複雑なので、きちんと理解せずにいると後で困ったことになることも。
何事も、知っていれば損はありません。今回は、初歩である管理人と大家さんの違いをお伝えいたしますね。

1

管理会社ってどんな役割?

大家さんから賃貸物件の管理を任された人、もしくは会社が管理会社と呼ばれるものです。
賃貸物件の清掃やゴミ捨て場周りの管理、敷地内の環境整備などを行います。
入居している住人同士のトラブルへの対応や、お部屋の設備機器の不具合の処理をすることもあります。
新たな入居者を募集する役割もあり、管理といっても幅広い業務があることが分かりますね。

管理会社ごとに、提供するサービスは異なります。
24時間対応可能なところもあれば、連絡してもあまり反応のないところもあります。
ネット上で口コミなども検索できますので、自分が入居する予定の賃貸の管理会社が分かれば、調べておくといいでしょう。

2

大家さんってどんな人?

不動産賃貸物件の所有者、つまりオーナーが大家さんということです。
入居者が支払った家賃は、すべて大家さんの口座に入ることになります。

大家さんは、会社の場合もありますし、個人のこともあります。
当たり前ですが、怖いオジサンだったり、ステキなお姉さんだったりと様々です。
近所に住んでいて、頻繁に物件をチェックする大家さんもいますし、遠方に住んでいて、ほとんど見に来ることなく管理会社にすべてを任せている大家さんもいます。

3

管理会社と大家さんの関係とは

基本としては、大家さんが管理会社のサービスを利用する形になります。
大家さんは、物件ごとに管理内容を決めて、管理会社と契約をし、その分の代金を定期的に支払います。

そのため、大家さんや物件によって、管理をどれだけの範囲で頼んでいるのかが違うことも。
何もかも管理会社に頼むケースがありますし、お部屋のリフォームや修繕などを大家さんが自分でやってしまうケースもあります。
このあたりの幅広さが、管理会社と大家さんの違いを分かりにくくしているかもしれませんね。

物件がどのように管理されているのか、事前に調べておくと安心して入居できます。
ただ、ネット上ではこういった情報は調べることが困難です。
お部屋探しに行った先の不動産会社のスタッフに聞いてみるのが、一番確実ではないでしょうか。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事