TOP » 賃貸 » 賃貸の種類アレコレ!これだけ知っていれば部屋探し…

賃貸の種類アレコレ!これだけ知っていれば部屋探しもスムーズに

214View
t-shima

「お部屋探しをしよう!」そう決めても、どこから手をつけていいのか分からないことってありますよね。
まずは、賃貸の種類を把握することからはじめることをおススメいたします。
自分に合った部屋を個別に検索する前に、どんな可能性があるのかを知っておくだけでも、悔いを残さないお部屋探しができます。

1

一般的な賃貸住宅

数が多いのが、一般的な賃貸住宅です。
不動産会社を訪問して、だいたい紹介されるのが、このカテゴリーの物件。
部屋には最低限の設備がついており、内装も決められています。
新築から中古物件まで、幅広い物件の中から選べるのが魅力といえるでしょう。

2

カスタマイズ賃貸

自分で壁紙を決めたり、床材を貼り換えたりと好みの部屋に改装できるのが、カスタマイズ賃貸です。
DIYが好きだったり、多少古い物件でもかまわない人や、思い通りの部屋づくりをしたい人向け。
完成してみないと部屋の全貌が分からないのが難点ですが、自分で選んだものばかりなので、部屋に対する満足度が高いのも特徴。
カスタマイズ賃貸はまだ数が少なく、大都市圏で多くみられますが、今後増えていくカテゴリーではないでしょうか。

3

マンスリータイプ

1ヶ月単位で更新が可能なのが、マンスリータイプの賃貸。
家具や家電がひと通り付いていることがあり、理由があってすぐに引っ越ししたい人や短期の単身赴任の人にも利用されています。
多くはひとり暮らし用の間取りで、全体的にコンパクトな設計になっており、キッチンが狭いことが特徴として挙げられます。
ウィークリー単位での利用も可能なところもあり、ホテル代わりに滞在する人もいるようです。

4

シェアハウス

ひとつの家を何人かでシェアするのがシェアハウスです。
それぞれの個室を持ち、キッチンやバスルームなどを共有するのが基本形。
いろんな人と交流したいという目的をもった人が集まる傾向にあります。
様々な国籍の人が集う場、女性だけの場、学生のみの場、など、シェアハウスごとにテーマが決まっていることも。

また、物件によって、シェアするスペースは様々。
個人スペースの面積も、それぞれ違うので、シェアハウスに入居したい場合は、しっかりと事前調査が必要です。

5

女性専用物件

アパートやマンションの単位で、女性だけが利用できる賃貸物件があります。
防犯カメラやオートロックなどの防犯設備が充実しているケースが多く、ひとり暮らしが初めてという女性にオススメ。
お部屋の設備も、女性が好みそうなものが揃っていることが多いようです。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事