TOP » 暮らしの知恵 » 「そんな使い方アリ!?」 押入れの新しい可能性

「そんな使い方アリ!?」 押入れの新しい可能性

3,789View
t-shima

あなたの家では、押入れはどんな使い方をしていますか?
「押入れは布団をいれるもの」「奥に何がしまわれているのか分からなくなる」「収納方法が難しくて、どんなに頑張って工夫をしても、ゴチャゴチャになりがちな空間」などといった認識があるのではないでしょうか。

そんな見方から、押入れに対して苦手意識をもつ方もいらっしゃいます。
もちろん、かなりスッキリ収納をする方法もあるのですが、なかなか実現しないと悩んでいる方も多いのでは。

そんな方に、ワクワクするような押入れの活用方法をご紹介いたします。

1

大幅リフォーム!押入れをもっと自由に!

押入れをリフォームできるのはご存じでしたか。
業者さんに頼むのが一般的ですが、DIYとして、自分で改造してしまう強者もいるようです。

一番簡単な方法は、押入れの真ん中にある板をなくしてしまうリフォーム。
真ん中の板を取り払うことで、丈の長い洋服をかけることが可能になり、押入れの使い方に広がりがでます。
他にも、押入れの扉のカラーや柄、質感を変える、開き戸タイプにする、カーテンで隠せるようにするなど見た目を少し変えることも可能。

ちょっとしたリフォームでも、押入れの印象がガラリと変化するのが分かるでしょう。

2

あこがれのウォークインクローゼットに

リフォームすれば、押入れをウォークインクローゼットにすることもできます。
真ん中の板を撤去し、高さを調節できる棚板を設置すれば、自分好みの収納スペースができあがります。
棚板の数や大きさ、奥行きなど、選択肢の幅がかなり広がるのが嬉しいですよね。

しまうものによって自由にカスタマイズできるので、収納グッズばかりを買いあさる必要もなくなり、収納方法に悩むことも減るでしょう。

3

隠れ家的な書斎に

収納スペースではなく、ひとつの部屋として生まれ変わることも。
押入れは、標準な大きさで、だいたい1畳ほどの面積です。
ふすまを取り払ってしまい、部屋の一部として使用するもよし、仕切りはそのままにして、隠れ家的な書斎にするのもいいでし ょう。

押入れ内部の壁面に好みの壁紙を貼ったり、照明を取り付けたり、書棚を設けたり、やろうと思えば発想しだいでなんでもでき ます。好きな小物を飾る場所、ショップみたいに洋服をカッコよく飾るスペース、子どもの遊び場など、今の暮らしがより楽し くなるような場所がいいですよね。

4

まだまだある活用術

その他にも押入れの活用法はあります。

真ん中の板の高さ、PCデスクやテレビボードの高さにぴったりだとお気づきでしょうか?
ふすまをはずしてしまえば、一気に広々としたデスクが広がります。わざわざ高いテーブルを買わなくても、ちょうどの高さで使えるテーブルがあなたのお家にも眠っているかもしれませんよ。

耐久性がどうか、という問題さえクリアすれば、簡易式のベッドとして押入れを活用することも出来なくはありません。
某アニメのキャラクターのように、押入れで寝泊り…という夢ももしかしたら適うかもしれませんよ。

押入れは単なる収納、という思い込みから脱却して、自分だけのスペースを作りだしてみてください。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事