TOP » 暮らしの知恵 » ゴチャゴチャ回避! 見た目スッキリなおもちゃ収納の…

ゴチャゴチャ回避! 見た目スッキリなおもちゃ収納の5つの心得

3,432View
t-shima

子どもが1人いるだけでも、細々としたおもちゃが増えて、部屋が雑然とした見た目になりがちですよね。
しかも、おもちゃはカラフルなものばかりで、統一感なんてまったく無し。
「これをスッキリまとめてしまいたい」「ゴチャゴチャした部屋はイヤ」「パパッと片付けられるようにしたい」全部かなえるためには、ちょっとした心得が必要なようです。

1

おもちゃの居場所を決める

おもちゃたちが、どの部屋にもアチコチ転がっていることはありませんか?
行き場がなくて、いつもそのままになっているおもちゃが多いと、部屋がゴチャゴチャしているように見えます。
それを防ぐためには、まず家の中に1ヶ所、おもちゃコーナーをつくってしまいましょう。
おもちゃはココ、と決まっていれば、誰にだって片付けることができます。

2

ざっくり収納しよう

収納する際には、細かく仕分けする必要はありません。おもちゃの種類はイロイロすぎて、分けてもキリがないからです。
同じ色のカゴや箱、ケースなどをいくつか用意して、そこへポイポイ入れちゃいましょう。
このとき、おもちゃの入れ物となるものの、形や色を同じにするのがベスト。
それだけで、統一感がでて、見た目がスッキリします。雑貨屋さんなどで、同じ品物がずらりと並んでいると素敵にみえるのと同じことですね。

3

子どもの視点から見てみる

当たり前かもしれませんが、おもちゃをしまう場所は、子どもが手に取りやすい位置にしましょう。
高すぎる場所や、不安定なところは避けるべきです。
そうすることで、子どももおもちゃを出すだけでなく、お片付けに参加することができます。
おもちゃの居場所を決めた後、子どもに直接聞くか、同じくらいの視点に立って、おもちゃが出しやすいか、収納しやすいかを考えてみてください。

4

ギッチリよりも余裕をもった収納を

おもちゃは、いつの間にか増えます。祖父母からのプレゼント、保育園で作成したもの、誕生日やクリスマスの贈り物など、続々と家の中に持ち込まれます。
それにそなえて、おもちゃの収納には余裕をもたせましょう。
もちろん、タイミングをみて、いらないものを捨てるなど、全体量を調整することは必要ですね。

5

親の行動は子どもの手本

子どもは親の姿をみて育ちます。ちょっと大変かもしれませんが、親自身がこまめに片付ける習慣をつけるといいでしょう。
「なんでウチの子は片付けが下手なのかな」「ちゃんと片付けられる子になってほしいのに」そう悩んだり、子どもを叱りつける前に、
まずは親側がサッサと片付ける姿を見せるのが大切です。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事