TOP » 暮らしの知恵 » 「オブジェにもなる」といわれるアイテムたち

「オブジェにもなる」といわれるアイテムたち

1,357View
yu-ki

インテリアのアクセントとしていかがですか?
ここではオブジェにもなる、そんなアイテムを集めてみました。

1

「Pearりん」

手軽に「りん」をオブジェとして取り入れることができる、お洒落なデザイン。コロンッとした小ぶりの洋ナシ(pear)の上部を手に取り外側から軽くならせば、優しい音色が響きます。

見て和み、触って和み、聴いて和める生活に潤いを与えてくれる商品です。 音色は宗教色の強い響(ひびき)にせずに、軽やかな音色に仕上げてあります。

2

「Rhino Hammer」

「Rhino Hammer」はサイ型のハンマー。

ケースにしまえば、まさにサイ!

ハンマー作業がついつい楽しくなってしまう新感覚のハンドツール。

あなたのクリエイティブなライフスタイルを飾ります。

3

「aero sphere fan」

「空気の球体」「風のイメージ」をモチーフにデザインしたサーキュレーター。正面から見ると蜂の巣のような形をしており、側面から見ると滴のような形に見える。

真っ直ぐ勢いのある風。こんなにコンパクトで、小さいながらも、しっかりと風を押し出してお部屋の空気を循環させます。

4

「HOME/GYM/OFFICE」

ダンベルを縦に積んでます。収納状態は完全にオブジェとなっています。

真鍮にクロームメッキを施し高級感漂う仕上がりです。内側にはサーモプラスチックラバーを施し専用スタンドへも滑らかに収納することが可能です。

「体を鍛えるものだから」と言ってしまえばそれまでですが、エルゴノミックデザインを使用して「フィットネスにもデザインを」という着眼点がスタルクらしいですね。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事