TOP » 暮らしの知恵 » 今欲しい憧れの「南部鉄器」

今欲しい憧れの「南部鉄器」

1,490View
yu-ki

日本の伝統工芸を代表する「南部鉄器」が日本国内外で注目を集めています。
そんな南部鉄器を、ここではご紹介します。

1

岩鋳「オムレット」

ふわとろ卵料理が得意料理になっちゃう、南部鉄器の老舗トップメーカー・岩鋳(イワチュウ)のオムレツ専用スキレット「オムレット」。
オムレツだけでなく、ウィンナーなどを焼いてもちょうどいい大きさの鋳物のフライパンです。

2

東屋「水沢姥口鉄瓶」

今やニューヨークやパリのセレクトショップでも人気の東屋の「水沢姥口鉄瓶」。

鉄瓶で沸かしたお湯は、まろやかな味わいになり、鉄から溶け出す鉄分は、日々の鉄分補給も助けてくれます。

3

釜定「洋鍋」

フィンランドでデザインの修行を積んだ宮伸穂氏が三代目当主を務める南部鉄器メーカー「釜定」

ゆったりと包み込むような深型の鍋に美しいカーブをえがく取り外し可能な木の取っ手を組み合わせた姿がモダンなデザインの洋鍋。

4

小笠原陸兆「ミニパン」

南部鉄器におけるモダンデザインの先駆者である鋳鉄作家・小笠原陸兆氏。

素材感としては武骨な印象ですが、取っ手部分が少し丸みを帯びているので、かわいらしさがプラスされています。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事