TOP » 暮らしの知恵 » デザイン性の高い「マガジンラック」

デザイン性の高い「マガジンラック」

499View
yu-ki

ただ本を飾るだけじゃもったいない!
ここでは、デザイン性にも優れたマガジンラックをご紹介します。

1

「Eau BRANCH」

木の枝のようなシルエットを持ち、自由な直線と曲線で構成された3段のマガジンラックです。それぞれの段に雑誌を置いてもしっかりと安定し、自立します。

フィンランドバーチの美しい断面が目を引き付けるナチュラルは、北欧テイストが強く、ブラックに近い濃厚なブラウンは、和室にもコーディネートしやすい色合いです。

2

「Who’s Next Magazine Rack」

「Who’s Next Magazine Rack」は、本や雑誌を入れることで、マガジンラックとして完成します。

「置くこと」にこだわり、たのしむことができそうなマガジンラックですね。

このマガジンラックを制作したMarco Ripaさんは、鉄、鋼、ジャズ、ラグビー、岩を愛する、イタリアの職人でありプロダクトデザイナー。鋼鉄を素材に、さまざまな家具をつくりだしています。

3

「j-me Float Magazine Rack」

とてもユニークな形のUKデザインのマガジンラック
雑誌類をスタイリッシュに収納できちゃいます

4

「On」

ON(オン)は、装飾性が高く実用的なマガジンラック。お好みの雑誌や本などをつるしてディスプレイ。

テーブル、シェルフ、サイドボード不要。シンプルなうまく配置されたキューブ、丈夫なレザーコードだけで吊るせます。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事