TOP » 暮らしの知恵 » 雨の日が楽しくなりそうな傘

雨の日が楽しくなりそうな傘

193View
yu-ki

憂鬱な雨の日も、お気に入りの傘があれば大丈夫!
ここでは、今年の梅雨時期に使いたい傘を集めてみました。

1

『Sa』

傘の構造に画期的な機構を持ち込んだと言える新型の傘が「Sa(サ)」です

現在市販されている傘の多くは鉄などでできた骨を持っていますが、Saは一切骨を持たない構造になっているのが最大の特徴。ガイドパネルは繰り返しの開閉や風の力にも耐えられるように丈夫な構造になっているとのことです。

2

Colourwheel Umbrella

色相環カラーホイールモチーフのグラデーションが美しいレインボーカラーアンブレラ

MoMA(ニューヨーク近代美術館)からご紹介するスペクトルアンブレラ。素材に軽量アルミニウムを使用しているため軽くて丈夫です。

3

地図: Rainmap

あなたが雨の中を歩いているときに、「あれ?あそこはどう行くんだっけ?」とそんな時はちょっと見上げてください

ハンブルクに拠点を置くRainmapのデザインチームは、雨の中にカメラ、傘、地図、袋などの観光客が苦労しているのを見て、このアイデアを思いつきました。

4

冨士傘

「富士傘 」と書いて「ふじさん」。とにかく縁起のいいビニ傘

傘全体が富士山を表しているユニークなデザインですが、よく見ると柄を作っているひとつひとつの模様も小さな富士山の形をしています。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事