TOP » 暮らしの知恵 » ちょっと変わってるけど「会社で使えそうなアイテム」

ちょっと変わってるけど「会社で使えそうなアイテム」

1,930View
yu-ki

もしかしたら会社でも使えるかもしれない…
そんなアイテムを集めてみました。

1

「bessed」

まるでビジネスシューズのようなデザインをしたこちらのルームシューズ。肌触り良く軽いナイロン素材や足蒸れ防止の通気窓などがリラックスした足元を演出してくれます。

内履きなのにスーツにも似合う細身のフォルム。アクセントカラーのインソールとスペアのシューレースで大人の遊び心を演出します。
ネイビー&オレンジとベージュ&イエローの二種があり。スーツに合わせて使い分けてはいかが?

2

「True Wetsuits」

オーストラリアのサーフ系ブランド、Quicksiverが新たに発売したウェットスーツが、なんとスーツ型なのだ。その名も「True Wetsuits」。
奇抜なコンセプトに思わず「冗談?」と思ってしまうが、もちろん本気だ。

ウエットスーツネオプレンという素材を使った水陸両用ウエットスーツなんです!なので、着替える必要なし。着たまま波に乗り、タオルドライした後は普通にスーツとして着てお仕事に戻れるというわけです。

シャツは高いストレッチ性を備えた撥水加工シャツ。ネクタイだってもちろん防水で、ウェットスーツ生地を採用したオリジナルネクタイとなっています。

3

「Innochair」

Innochairは一般椅子、ストレチング、腹筋運動、ベッドの4種機能を備えた事務用椅子。背もたれを90度から180度まで使用者の体型に合わせて15段階に調整できる。

特に、長時間座って仕事をするサラリーマンや受験生の腰の筋肉緊張を解消し、脊椎疾患などの予防に効果を見せている。

背もたれを180°倒すことが出来るこちらのオフィスチェア。座面下には引き出し式のフットレストも収納されており、ゆったりと足を伸ばして寝転がることが可能です。

4

「Laser-Guided Tactical Necktie」

ポーチ、フック、レーザーポインタ付き。これをタクティカルと呼ばずしてなんと呼ぼう。プレゼン等の際にはネクタイの先から出るレーザーでスマートに会議室のスクリーンを指し示しましょう。

ホワイトボードにすぐ書きこむことができるようマジックを常備するも良し、はたまた突然の怪我に備えて救急セットを携えるも良し。お腹が空いたときのためのおやつや、マイマグカップをかけておくことだってできちゃう。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事