TOP » 暮らしの知恵 » あえて使いたくなる「鉛筆」たちを集めてみた

あえて使いたくなる「鉛筆」たちを集めてみた

2,321View
yu-ki

あえて今鉛筆を。
そんな気持ちになるアイテムを集めてみました。

1

「樹木鉛筆 BOSCO」

「樹木鉛筆BOSCO」は、ローズウッドやマホガニー、パドック、ウォールナット等、本来は家具で使用される硬い木材を軸に使った鉛筆のセット。

硬い木材は加工が難しく、手間と技術を要するため、鉛筆の製作は困難とされていた。

そんな木材に建具職人・松井美喜夫さんが向き合い、苦労を重ねて完成した。

2

「BLACK WING」

アート、音楽、小説などのカルチャーに影響を与えてきた多くの作家、クリエイターたちを魅了していたブラックウィング鉛筆。

伝説の鉛筆と呼ばれたBLACKWINGは徹底的に書き味にこだわって作られました。

3

「le crayon aimant」

鉛筆の内部にマグネットを備えたペンシル。冷蔵庫や金属製の壁に固定できるので、使い方の幅が広がります。

4

「さくらさくえんぴつ」

さくらの花びらを模した形の鉛筆。サンスター文具が開催したコンテストでサンスター文具賞を受賞したアイデアを実際に商品化したもの。

さくらの形にするのは難しいとされていましたが、東京下町にある老舗鉛筆工場の協力のもと、約1年半の歳月をかけて完成させました。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事