TOP » 暮らしの知恵 » 「いつもの文具メーカー」の高級ボールペン

「いつもの文具メーカー」の高級ボールペン

1,873View
yu-ki

いつもの文具だけど、ちょっとだけ高級。
そんなボールペンを集めてみました。あなたもちょっとだけ高級感を味わいたくありませんか?

1

「SARASA Grand」

サラサクリップと同じ替芯を使用しており、ゼブラが10年以上磨き上げたさらさらとした軽い書き味と鮮やかな黒インクをお使いいただけます。

ビジネスシーンにふさわしい高級感漂う上品な本体デザインが特長。金属を基調としながら、クリップ下のクリア部分はジェルインクのみずみずしさを表現しているなど、サラサクリップらしさと高級感を兼ね備えたデザインです。

2

「ジェットストリーム プライム」

フォーマルな場でも使いやすい、すっきりとしたフォルムとマット塗装。クリップ部分はシルバーでスタイリッシュな雰囲気を出しています。

若手社会人をターゲットとし、カラーやマット塗装・メタリック塗装の質感にもバリエーションをもたせ、男性でも女性でも選べる軸色・7色をラインナップしています。

プライムはノック式の3色タイプが3000円、回転繰り出し式(ボディを回転させてペン先を出すタイプ)で3色にシャープペン機能をつけた4機能タイプが5000円という価格設定だ。

3

「ZOOM505」

アルミとラバーを組み合わせた素材感溢れる極太フォルムが印象的なモデル。ラバーグリップと絶妙な太さが生み出すホールド感、筆記バランスの良い低重心設計が長時間でも快適な筆記を実現しました。

それにしても、2000円でこの質感と高級感が出せるトンボ鉛筆のデザインセンスには目を見張るものがある。ZOOMシリーズの復刻や本格的な再始動は、高級ボールペンに目が向いた今こそ行われるべきではないだろうか。

4

「ITOYA110 ペンジャケットシリーズ」

リングを交換しペンジャケットの全長を調整することで、3種類の水性ペンをリフィルとして使用することができます。

3.0mm調整リング・・・ぺんてる サインペン
12.5mm調整リング・・・ぺんてる ボールぺんてる
16.5mm調整リング・・・ぺんてる プラマン

金属性のジャケット装着で高級ペンに早変わり!

当然ながら、ぺんてる3製品の使いやすさはそのまま。

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事