TOP » 暮らしの知恵 » 知らなきゃ損!家庭菜園がもたらす納得のメリット4つ!

知らなきゃ損!家庭菜園がもたらす納得のメリット4つ!

2,093View
t-shima

近年、耳にすることが多くなった「家庭菜園」という言葉。
何だか、ほんわかしたイメージのあるキーワードですが、実はとってもメリットがあることがいっぱいなのです。

1

新鮮な野菜が採れたて状態で食べることができる!

自分で食べたい野菜を選んで育てると、その都度必要な分だけ採って食べることができます。
家庭菜園と言っても、庭に畑を作っていろいろな種類の野菜を育てる人から、ベランダ菜園のようにこぢんまりとした場所で育てる人、さまざまです。

どちらにしても、自分で一から育てた野菜を食べるのは、相当美味しいと感じることができるのです。

2

無農薬で野菜を食べることが可能になる!

「無農薬」で生産された野菜は、安心して食べることができるというイメージです。
ところが、「無農薬野菜」を実際に購入するとなると値段が高いため、多くの人は値段の安い農薬使用の野菜を購入することになりますね
。確かに、無農薬栽培は難しいため、その分値段は高くなるのは当然と言えます。

そんな無農薬野菜が家庭菜園では作ることができます。
出来立て、採れたての野菜を必要な分だけ使用できるのが魅力とも言えますね。

3

食費の節約ができる!

節約生活を心がけている家庭では、食費の節約ができることは一番の魅力に感じることでしょう。
スーパーに行って野菜を買う場合、特売につられて特に必要のない食材を買い過ぎて、最終的に鮮度が落ちて食べることができなくなる場合もあり、無駄を感じることも少なくないでしょう。
家庭菜園で自給自足ができたら、こうした無駄もなくなるのです。

また、多く取れ過ぎた場合はご近所さんにおすそ分けもでき、コミュニケーションにも役立ちます。

4

家庭菜園は家族みんなで楽しめる!

野菜を作るには、畑を耕したり水を毎日やったりと、手間をかけることになるでしょう。もちろん、大変ですが健康のために!と始める人も多いのです。

また、一緒に野菜を育てていることで、会話が増えるというメリットも。子どもがいる場合は、一から野菜を育てて、それをみんなで食べることで、食べ物の大切さを知るということにも繋がります。
野菜の名前を言えない子供も多いですが、家庭菜園をして野菜を育てる楽しみを覚えることで、野菜に関する知識を育むことにもなります。

例えば「今日の水やりはお父さん」「明日はお母さん」などというように当番制にして子どもにも仕事を与えると、責任感を持つことにも繋がりますね。
野菜が育ったら、子どもに採ってもらう、また、それを一緒に調理したりすることで、家族みんなで楽しみ、また美味しく頂くことができます。

メリットがたくさんの家庭菜園。近年では簡単に家庭菜園を始めれるキットなども登場し、初心者でも手を出しやすくなりました。
あなたも是非、家庭菜園にチャレンジしてみてはいかがですか?

'SNSでシェアしよう'

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家ざんまいの人気記事をお届けします

関連記事

カテゴリ一覧

アクセスランキング

編集部おすすめ記事